【VALU】VALUにて絶賛活動中! 社畜SE LINEスタンプ 好評発売中!

“緊急中毒”という負のスパイラル!社内で尊敬のアノ人も実は社畜?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急中毒の社畜

3月の3連休に当ブログ社畜SEに相談しにきた相談者限定で飲み会を開催しました。

相談者の中でも、メールだけではなく実際にお会いした方限定です。

  • 悩みは解決したか、新しい悩みが生まれたか
  • どのように目標を立てるべきか、どのように計画を立てるべきか
  • どのように行動するべきか、行動のタイミングはいつごろがいいか

私はブログを頻繁に更新するタイプでないため、ネタ探しも兼ねてこの相談者限定のシークレット飲み会を開催しました。

“緊急中毒”の前にこのシークレット飲み会の様子を伝えますね、

相談前の悩みは解決していて次の行動に踏み出す覚悟ができてた!!

相談者は3連休やインフルエンザ大流行ってのもあり、参加者はわたし含めて3名。(写真撮るの忘れた^^;)

少人数だったのでちょうどいい。

多いと全体の話を聞けることができないですからね。

さて、相談者が私に相談してきた時と比べると明らかに目に見える形で行動に移していました。

まず、フリーランスになる覚悟ができたとのこと。

参加者はいずれもプロジェクトの責任者ということもあり、プロジェクトが完了する今年半ばまで現在の会社で結果を残すとのこと。

そうですね。中途半端に終わって後悔するぐらいならやり尽くした方がいいですね。

私個人もそうですが、逃げたと思われるのはしゃくなので、周囲はともかく自分の満足いく結果を出しましょう^^

私は、IT業界に勤めている会社員において、目標を達成するための一つの手段としてフリーランスの道があるよと伝えています。

相談時は不安だった相談者の二人が今では全然不安に感じてなく、フリーランスになった時のことを頭の中に描いていました。

フリーランスになると、会社員と比較して時間とお金に余裕ができますからね。

そもそもフリーランスは技術力が無いとなれないという”思い込み”が行動を止めてしまってるので、フリーランスのSEとして活動しているわたしとしては本当にもったいないとしか思わないのです。

仕事において“緊急中毒”は社畜を楽しんでいる証拠

居酒屋で出た話題で話して面白いなと思った点がありました。

「ほぼ毎日忙しい人」

ほぼ毎日忙しい人というのは、見方によって色々あると思います。
  • みんなから頼られている人
  • 難しい案件もそつなく完了してくれそうな人
  • 仕事にやりがいを感じている人
  • デキるオーラを持つ人
挙げたように、社内の観点から観察すると良いイメージしかありません。
要は「尊敬できる」人ですね。
“社内から見ると”ですが。
これらの人にみられる特徴として”緊急中毒”がよくみられます。

忙しい人 ≠尊敬できる人

仕事・プライベートのタスクを大きく分けて以下の領域に分けることができます。
  • 第1領域「必須」・・・緊急かつ重要なこと
  • 第2領域「価値」・・・緊急でないかつ重要なこと
  • 第3領域「錯覚」・・・緊急かつ重要でないこと
  • 第4領域「無駄」・・・緊急でないかつ重要でないこと
E69982E99693E7AEA1E79086E381AEE3839EE38388E383AAE38383E382AFE382B9
ご存知、多くの方に読まれている「7つの習慣」で有名なマトリクスですね。
まだ、読まれていない方は読んでください。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

会社でのタスクは多くの場合第1領域に属している方がほとんどだと思います。

目的や理念沿うような仕事をしている方だと、第2領域に属します。

イメージ的にはドラマ『下町ロケット』の経営者のようなイメージですね。

自分の目的(理念)に沿っているから信念を持って、仕事に打ち込める。

そして、そのミッションに同意して従業員も信念を持って打ち込める、あのドラマは本当にいいドラマだと思いましたよ。

現実的には大手企業というより、ベンチャー企業が近い傾向にありますね。

現代のIT企業に勤める従業員の大半は給料が他より良いからや、PGの仕事が得意だからとかの理由が大半です。

会社員において「仕事」は第1領域に属します。

残業や休日出勤も緊急だから参加しているはずです。

この第1領域に時間を費やしすぎると、本当にしたいこと・やりたいことに対して時間をかけることができなくなるのです。

しかし、この第1領域というのは厄介なもので、目標に向かって行動できてると勘違いをさせてしまう効果があるのです。

“緊急中毒”というやり甲斐に似た負のスパイラル

「忙しい俺、かっこいい」

「難しい案件をそつなくこなす俺、かっこいい」

という、自分のモチベーションを作る言葉がうまくなります。

それは大変良いことなのですが、行き過ぎてしまうと、

「もっと忙しい・難しい案件ないかな」

「俺を活かせる場所はこんなゆるいところではない」

と、いったようにせっかく時間ができたのになんだか物足りなくなるという現象が起こる。

時間がやっと確保できたとしても第4領域に当て込むか、結局また仕事が忙しくなり第1領域に戻る。

「忙しいところほど、真の実力を出せる!」

そうやって忙しい現場を好む。完全に負のスパイラルですね。

“緊急中毒”から抜ける覚悟が必要

自分が緊急中毒と感じた場合の一番の得策が”環境を変える”ことです。

効果的な3つの”変える”環境をあげると

  • 付き合う人を変える
  • 時間配分を変える
  • 住む場所を変える

これらを変えることができれば緊急中毒から脱せるでしょう。

で、会社員である場合、これら3つを変えるというのは案外難しいかもしれませんが行動してください。

以下は会社員あるあるの事例をまとめたもの。

■付き合う人:

付き合う人は会社の同僚や昔ながらの友人がほとんど、寮とかだと家賃が安いというメリットがある反面、常に会社の話題だと最悪ですね。世界観が狭まりますので。

別の意識の高そうなコミュニティやグループに属することで解消されます。

■時間配分を変える:

緊急中毒の方なら、一度離れて第2領域に使う時間を考えなおす必要があります。本やセミナー、講座などに費やすといいでしょう。このままだと自分は社畜になってしまうとか色々気づきます。

また、そもそも無駄な第4領域を使っていないか整理する必要があります。

場合によっては断捨離をおすすめします。私はテレビ・漫画・目的の無い飲み会等を断捨離しました。

■住む場所:

ホームシックになるレベルまで追い込んだ方がいいです。慣れた場所からは現状維持しか生みません。敢えて違う環境に行くことで世界観を無理矢理にでも広げましょ。

ようは住み慣れた場所を離れることによりリセットされるので、結果的には付き合う人や時間配分も変えられるのです。

これらを変えるのには、もちろん何かを失う覚悟が必要。

今まで、友人との付き合い飲みや会社の同僚との飲み。

家に帰ってゆっくりする時間等といった失う痛みが発生します。

会社の飲みも失うと、もしかしたら付き合い悪い奴とか思われて嫌味を言われるかもしれません。

でも、

「それらを失っても仕方が無い!俺はそれだけの事を成したいんだ!」

というぐらいの覚悟が必要です。

結果は努力に比例するのではない。覚悟に比例する。

重要なので心に留めておいてくださいね。

この「ボタン」をクリックしてくれるとランキングに反映されて、励みになります^^

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

ベイビーステップ として

ここまでお読み頂いた方の中には既にフリーランスSEの方や、フリーランスSEを目指している方もいらっしゃるでしょう。

中には、フリーランスSEになって収入アップにつながると思っていたのに、なぜか貯金が少ないなど予想と違い不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方達のために、ベイビーステップとして私が開催しているセミナーのリンクに記載されている文章をまず読んでみてください。

 

ご共感頂けたなら次のステップは是非セミナーへ申し込んでください。

「3つの安心」を約束しているので安心して受講できます。

 

 まずは「7日間の無料メルマガ講座」から

メールアドレス*
お名前*

 LINE@「友だち」追加であなたの悩みを解決!


■ QRコードで追加(PCの場合)
メニューの「友だち追加」で「QRコード」を選択して、このQRコードを読み取ってください。


 


■ 1クリックで「友だち追加」(スマートフォンの場合)
すでにLINEをお使いの方でスマートフォンからご覧の方は、下のボタンをタップしていただくと、「友だち追加」できます。
友だち追加