SEが全てブラックと限らない。ホワイト・ブラック企業の見分け方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラック企業に勤める社畜

SEの仕事が過酷すぎて「私の会社はブラックかも・・・」と感じている会社員SEは多々居ます。

現役フリーランスSEである私が、

  • 今まで様々な現場を見てきた観点
  • 今まで相談を受けて気づいた内容

上記2点から、「IT企業におけるブラック企業」という点についてまとめました。

この比較を見て、あなたの会社がブラック企業なのかもしくはホワイト企業なだけで、ただ忙しい時期だけなのかが参考になるかと思います。

そもそもブラック企業の判断基準や好かれるタイプとは?

ブラック企業の社畜

[前提知識]働く人の心構えでホワイト企業もブラック企業と判断されること

皆さんが想像する“ホワイト企業”“ブラック企業”の違いとはなんでしょう?

おおよそ挙げられる点として、「時間」「残業代」「休みが取れるか?」についてまとめました。

これは私の実体験でもあり、ブラック企業に勤めてたエンジニアの相談、体験談をまとめました。

もしかしたらあなたも、

  • ブラック企業に勤めていたわけではないが、整理するとブラック企業と同じ待遇だった
  • ブラック企業と思っていたら、整理するとホワイト企業よりだった

ということがわかるかと思います。

ホワイト企業ブラック企業
時間月稼働時間150時間〜200時間
(230〜250時間も範囲内)
250時間〜400時間
(更に超える可能性有)
残業代基本的に36協定の範囲内である80時間は必ず入る
(超える場合は調整が入る)
払われない。
もしくは20時間〜30時間は見込み残業として初めから含まれる。
(しかし実際、100時間以上残業。
更に残業代払われることにいちいち恩着せがましい)
休み取れるか?一応、要望として聞くが必ずしも取れるわけではない。取れるはずない、仕事第一主義。
プライベートなことは休める時期に取れという理不尽さ。

ブラック企業に関しては表の通り、労働させまくりな毎日。

ちなみに過労死ラインと言われる時間の目安は月80時間以上。

IT業界はどこも一緒と言われていますが、この残業時間を平気に超えている会社も多いです。

改善されない場合、退職も視野に入れておいた方が良いです。

ホワイト企業でも稼働時間が高まることから、人によっては「ブラック企業」と評価する人もいます。

ホワイト企業でも以下の時期は忙しいので、念頭に入れておく必要があります。

  1. 納期前(当然忙しい)
  2. 人事異動があった(異動先での業務内容把握など残業が増える)
  3. 有識者が居ないプロジェクトに入る(仕様調査などで残業が増える)
  4. 初めてなのに一人で責任ある仕事を担当させられる(無理難題と思われ愚痴る)

挙げた点だけで「ブラック企業」と判断する人が大勢居ますが、まだこの段階ではブラック企業と判断できません。

特に最近では出世意識が低いからか成長への期待を込めての案内かもしれない、4.でも「ブラック企業」と評価する傾向もあります。

要は、早く帰れなかったら「ブラック企業」という安易な解釈をしています。

本当のブラック企業みたら驚きますよ?笑

ブラック企業に勤める人は、この程度いつも通りですから。

なお、私のセミナーでは相談者から提供いただいた「ブラック企業の給与明細」を用いて、セミナー内で給与明細からわかることを解説しています。

毎回好評頂いてます。

もしかしたらあなたの給与明細もセミナー後に見返したら面白いことがわかるかもしれませんね。

ブラック企業に勤める社員の主な口癖

終業後間近に新たに声をかけてきますね。

  • (定時前に)これ今日中に終わらせられるよね?
  • (開発は簡単で、管理職は大変という勘違い)開発だけだから楽だよね?
  • (突然、「明日休め」と言われ強制有給を使われる)明日、休みなったからよかったね。
  • (21時頃に帰宅しようとしたら・・・)今日は帰るの早いね、なんかあるの?
  • (納期が週末金曜日の場合)来週月曜日の朝までが金曜日だからそれまでに終わらしといて。
  • (残業代請求してるけど)生産性ある仕事してないよね?

これらの口癖はホワイト企業だったとしても言われるかもしれません。

ホワイト企業であっても、このようなブラック企業体質の「俺に従え」アピールのワンマン上司は居ます。

もちろん、本当に悪いのがあなただったら別ですが。

ブラック企業に好かれる人物像

ブラック企業からすると単純に扱いやすい人が好まれます。

大体、こんな感じ。

  • 発言できない、自分の意見が言えない
  • 言われた事だけやるイエスマン
  • プライベートが充実してなさそうな人
  • 自分に自信がない

「自分に自信がない」というのは、ぶっちゃけ社会人にとっても最悪です。

そもそもプロである意識が低い。

ホワイト企業に勤めていたとしても自信が無い人に与えられる仕事って限られます。

ブラック企業はそんな自信の無い人を社畜のように扱うため、自信が無い人でもアホのように仕事が降ってくるから使いようがあるんです。

例え、ホワイト企業で勤められたとしても、自信はなんでもいいから付けるべきです。

自信が無いなら、資格をとるとか、他のスキルを身につけるとかたくさんあるはずです。

とりあえず、現状に満足してはいけないということです。

もし自信ないなら家に帰って学習とかオンラインスクールでカバーできるはずです。

(そもそもその時間が作れそうにないなら、見切りをつけたほうがいいかもしれません。)

間違えちゃいけない!労働時間が長いから社畜とは限らない

何も労働時間が長いから社畜とは限らない。

確かにブラック企業に勤めている会社員は社畜ですが、ホワイト企業でも社畜は存在します。

この私が提唱している「社畜」の定義については、以下の記事でまとめていますので、気になる方はお読みください。

社畜の定義:実は彼も社畜?なぜIT業界は社畜が多いのか
ブラック企業に勤めている会社員だけが"社畜"とは限らない 実は"社畜"という定義は曖昧なものです。以下は、Wikipediaか...

例えば、ベンチャー企業とかは初めから欲しい人材像を募集要項に銘打っています。

労働時間は確かに長い可能性がありますが、普通では体験できないような経験ができるため将来に繋がるスキルを身につけれます。

忙しさとリスクはあらかじめ同意した上で入社しているのであれば、紛れもないホワイト企業と言ってもいいでしょう。

ブラック企業の採用項目(参考)

転職をしようとした時に募集要項を見ます。

いわゆるテンプレ、甘い条件などがある場合はイヤな予感がすると思ってもらえれば。

例えば、

  • 未経験大歓迎(誰でも出来る仕事だけど納期と数が多い)
  • 若い仲間が頑張ってます。(離職率高いから1年程度で鬱になって退職)
  • 大幅な事業拡大のため募集。(年中人手不足)
  • あなたの頑張りを評価します。(80時間労働が基本、それ以上のこと。)
  • 家庭的で働きやすい職場です。(集団心理を活かした洗脳環境)
  • 中途採用のハンデはありません。(入れ替わり激しい)
  • 年収400万円〜(残業代は当然含むからフリーランスだと実働1,000万円レベル)

募集要項だけでは判断できかねます。

意外かもしれませんが、ハローワークでもこのような会社の仕事を紹介されます。

ブラック企業と名高い「東京◯◯◯◯◯◯サービス」もハローワークで募集がかけられてたようですよ。

ハローワークの案件なんて信用できませんね。

余談ですが、私が大学生の時にアルバイト誌で載っていた、

「未来のIT業界で活躍するSEの卵募集!」

というキャッチコピーの会社は、出会い系のサクラ事業でした(笑)

焦ってブラック企業に転職するぐらいならフリーランスSEになってからでも遅くない

社畜の徹夜生活

フリーランスSEになって将来設計するのもあり

中途で転職先を探す場合、焦って会社を選びがちです。

「今、購入しないと手に入らない。」とレア商品を勧められたときと同様の心理状況です。

そのような判断を迫られたとき、焦って回答を出してしまいがちです。

だからと言って「現状維持」は一番とって欲しくない

では、どうするか?

一度フリーランスSEを間に挟んでみることをお勧めします。

主な理由は以下のとおり。

  • フリーランスSEは会社員と比較して、年収アップと稼働時間の減少につながる。
  • さらには、その増えた時間とお金を用いてスキルアップが可能。
  • スキルを用いて、収入源を新たに構築(事業主なので副業とか恐れないでOK)

私はフリーランスSEという手段は、目的・目標達成をするための単なる手段の一つでしかない、と案内しています。

現日本では正社員にならないといけない、という考えが一般化されています。

しかし時代は大きく代わり、70年周期論「企業のために」といわれる時代は終焉を迎えました。

相次ぐ大企業の破綻、ベンチャー企業や個人で活躍する時代「個人の時代」へシフトしています。

当ブログは、エンジニアの方向けに発信しているブログですが、どの業界も考え方は同様です。

常に変化を求めていきましょう。

メルマガ・LINEで気軽に情報交換ができます。

特にLINEでは気軽に相談ができますので、ぜひ登録してくださいね。

 

 

「読んだよー」という意思表示で、このブログランキングをポチッとクリックしてくれるとランキングに反映されて、励みになります^^

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 まずは「7日間の無料メルマガ講座」から

メールアドレス*
お名前*

 LINE@「友だち」追加であなたの悩みを解決!


■ QRコードで追加(PCの場合)
メニューの「友だち追加」で「QRコード」を選択して、このQRコードを読み取ってください。


 


■ 1クリックで「友だち追加」(スマートフォンの場合)
すでにLINEをお使いの方でスマートフォンからご覧の方は、下のボタンをタップしていただくと、「友だち追加」できます。
友だち追加