【VALU】VALUにて絶賛活動中! 社畜SE LINEスタンプ 好評発売中!

社畜SE実体験!フリーランスSEのなった瞬間の反応(裏と表)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランスになると、周囲から興味を惹かれます。
この記事は私の実体験から語ります。

私自身、会社を辞めた時は上司からの圧力も凄かったです。

会社を辞める際、様々な方達にフリーランスになると伝えました。

  1. 上司
  2. 同僚・同期
  3. 当時付き合っていた彼女
  4. IT業界に直接関わっていない友人

ざっとこんな感じかな?
(実は、家族には伝えていません。東京で転職したとだけいっています!)

もし、あなたが会社員を辞め、フリーランスになるとどのような反応されるかを私の実体験から伝えましょう。

「フリーランスのSEになる」と、伝えたら相手はどう反応(表と裏)するか?

あなたがフリーランスになるという事を伝えると、捉える人が違うだけで反応が変わります。

前述した以下の対人関係にあるグループに分けて説明しましょう。

  1. 上司
  2. 同僚・同期
  3. 彼女
  4. IT業界に直接関わっていない友人

1.上司に「フリーランスのSEになります」と伝えた場合

上司に「フリーランスのSEになります」と伝えた場合の反応の表と裏

表と裏の側面

  • 表:フリーランスになったところで食えるはずが無い!
  • 表:考えが甘い!もっと技術を磨くべきだ!絶対後悔する!
  • 表:お前には時期尚早だ!お前の為を思っているんだ!
  • 表:考えが甘い!もっと技術を磨くべきだ!
  • 裏:フリーランスにだけはなって欲しくなかった
  • 裏:お前が抜けると、誰が引き継ぐのか?引き継ぎが面倒だ。。。
  • 裏:1人辞めるともっと辞める!
  • 裏:会社に対しての忠誠心は無いのか?

上司は純粋にフリーランス以前に、会社を離れる事にはオススメしません。

新人を扱っている時の検収費用やリスクを初期投資として負っていたため、数年を見越した上で投資した金額を回収しているわけですから。

更に、フリーランスSEとしても、オススメしません。
フリーランスSEを扱う企業に属しているとわかりますが、フリーランスSEを雇う、それだけでリスクを感じます。

多くのIT現場でもフリーランスに関わらず、IT関連社員は出欠は酷いがフリーランスSEは連絡無しの状況でそのまま連絡が取れない場合もあります。

最近では、直接現場でフリーランスと契約する事は無く、間に仲介する会社があるためその様なリスクは無いですが、つい5〜10年前まではこのような由々しき事態があるあるネタだったため、勤続20年以上を超える上司達にとってはリスクと考えられています。

よって、フリーランスSEはオススメしない。というのは本音と取れます。

上司達の考えとしては、
「フリーランスSE = 独立開業者」
ではなく、
「フリーランスSE = フリーター」
という考えが強い。

いわゆる収入が高い技術系フリーター。

実はコレに関して、私もぐうの音も出ません。

なぜなら、フリーランスSEになって現場に入ると、エージェントから派遣されているフリーランスSEに多いのですが、収入が高いから!といったお気楽モードで先を見据えていない者が多い。

そんな考えのフリーランスSEが多いから、フリーランスSEの評価が下がるのも致し方ないと考えます。

しかし、そこは自分の意思でどうにでもなる。
私に相談してくる相談者には、まず甘い考えを払拭させてもらっています。

3年後、5年後にはどうなっていたいのかを明確にした上で取り組む事が成功へのステップなのですから。

2.同僚・同期に「フリーランスのSEになります」と伝えた場合

表と裏の側面

  • 表:フリーランスになったんだ!すごーい技術あるんだ!
  • 表:俺にはそんな技術ないから無理だな!お前だからできるんだな!
  • 表:俺には自信が無いな
  • 裏:フリーランスって、いわゆるフリーターだろ
  • 裏:フリーランスってことは、ずっと技術職か。自信が無い
  • 裏:落ちこぼれだろ、金に目が眩んだだけだろ

同期・同僚は私が実際に聞いた言葉。

表は、私がフリーランスSEだと言う事を同期に伝えた場合や、飲み会の席で昔の同僚と話した場合。

裏は、私がフリーランスSEということを隠している現場で、相手から実際に聞いた場合。

この関係とは、上記の表と裏の側面を見るとわかりますが、こちらとしてもあまりこのような話をしたくないのが本音です。
その理由は、、、ちょっと心を悪くするかもしれませんが了承頂きたい。

久々の同期からの飲み会に誘われて出席。

飲み会では、いつの間にやら自社のソリューションや技術、そして自社のデスマーチ情報を面白おかしく話す同期。
「○○さんが、どこどこへ異動となった。」
「あ〜あの人が持ってたプロジェクトが炎上したからね。」
知らない人の愚痴で大盛り上がり。

グループ会社だけど同期は会社を超えて知り合いが多い。
飲み会の席で、自社の商品や最新技術の話が出て、付いて来れなかったら「情報遅い!」という烙印を押されます。

お前、「今何してんの?」と、社交辞令で聞く。

改めて、その飲み会に行くと、
私と彼らで世界が違うな!っと改めて感じる事ができます。

同期や同僚だからこそ、表からも裏の側面を感じやすい。

しかし、裏の側面を知ったからといって別に落ち込む必要は無いです。
好かれる必要も無い。相手とステージが違うのだから、無理に対立する必要は無いです。

もし、居心地の悪い場合が来たら、話は聞き流して構いません。
話が合わないのは、あなたが違うステージに立てた、成長できたと実感しよう。

3.彼女に「フリーランスのSEになります」と伝えた場合

  • 表・裏:フリーランスのSEってすごいね!
  • 表・裏:不安定なの?心配だよ!
  • 表・裏:いつかは会社員に戻って?

当時フリーランスになった時に付き合ってた彼女、フリーランスSEになってからの彼女からの実体験を述べます。

純粋に業種を良く知らない彼女としては「フリーランス = 独立開業者」という事を説明すると純粋に凄いと言ってくれました。(本当に理解しているか不明だが)

しかしながら、彼女だからこそ親身に心配してくれていたんだと思います。
「フリーランス = 不安定」という意識が染み付いているため、やはり会社員や公務員が安定であるから今だけフリーランスを楽しんでね!という感覚も受けました。

彼女自身も、昔の親世代の考えが染み付いているため、安定を欲します。
そういった考えは、フリーランスSEの事を「フリーランス = 夢見る若者」と捉えているのかもしれません。

ただ、あなたの事を心配してくれているだけだと思うから、説得は論外。納得させてもらうようなビジョンと行動で示すべきです。
大丈夫。彼女は理解してくれる。

フリーランスの女性も同様です。

私の場合は、理解のある彼女に当たるまで3人目でありましたが(笑)

尚、パートナーは別業種であればあるほど、アイデアが生まれる可能性があるかもしれません。
パートナーが悩んでいる「悩み」を解決すれば、もしかしたら他にも同じ様な「悩み」があるかもしれません。

そう、考えるとパートナーとの一緒に居れる空間は非常に大切だと思われます。

4.IT業界に直接関わっていない友人に「フリーランスのSEになります」と伝えた場合

  • 表・裏:フリーランスのSEってすごいね!
  • 表・裏:不安定じゃないのか?大丈夫なのか?
  • 表・裏:いつかは会社員に戻るの?そのまま?
  • 表・裏:お前のおかげで俺も覚悟を決めた!

基本的には、彼女と伝えた時と同じ様な反応。
やはり友は大事にすべきだ。と感じました。

尚、ここでの”友”は心からの友、心友といったレベルでしょうか。

上辺だけの友人や冷やかしメインの友は含めていません。それらの友は同期・同僚と同じ観点でしょう。
(そういうとかなり少なくなりますが・・・)

伝えてみての感じですが、表と裏の面も同じ様に捉えられました。

また、私の覚悟や行動に気合いが入って数日後、ネットショップを立ち上げたり行動する友人も出ました。
(フリーランスSEになるというだけでなく、その時の目的や目標を伝えたからなんですけど)

お互いに相乗効果を産める存在は貴重です。
あなたにもそのようなお互いに尊敬しあえる友人はいるでしょうか?

もちろん、パートナーなら尚更良いでしょう。

フリーランスになる事をリスクと思うな!

「リスクを取る」という事は何も悪い事ではないです。
親世代の考え方で多いのは「リスクを一切取らない」という考えが強いため、結局公務員等の安定職を懇願します。

私自身もそうでした。

そのため、色々な言葉が飛び交ってきました。
「お前には無理だよ。」
「俺ができないのに、お前に出来るはずが無い」
「このような事ができるのは天才だけだよ」
「大手に居れば安心なのに」
「冒険する勇気が無い」
「目標とか恥ずかしい」

あなたは、目標を持って行動している友人に、上記のような言葉を使った事がありますか?
使った事があるという方、あなたはその友人にとって「ドリームキラー」です。

もちろん、私の場合は親もドリームキラーの一人。
同期や同僚、上司だって、そして付き合ってきた彼女の数名ですらドリームキラーだったのです。

確かに、フリーランスになる事は会社員と比べるとリスクが大きい。

更には「労働者派遣法改正案」による「専門26業務」の撤廃等と不安になる要素はたくさんありますが、それでも私は会社員であるよりはもっと先を見据えている自信があります。
(「労働者派遣法改正案」による「専門26業務」の撤廃に関しては、近いうち記事にする予定。)

リア充という言葉が流行っていましたが、何も遊び回る事がリア充という事ではないと捉えています。

遊び回っている方達は、今が楽しければ良いという考えかもしれませんが、将来設計ができていないと捉えいます。

フリーランスは不安定と考えるのならば、逆に問える。
将来のために、どのような準備をしているのか?

もし、明日にでも会社が倒産した場合、あなたはどう対策を取るのか?

考えを改めて欲しいです。


この「ボタン」をクリックしてくれるとランキングに反映されて、励みになります^^

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

ベイビーステップ として

ここまでお読み頂いた方の中には既にフリーランスSEの方や、フリーランスSEを目指している方もいらっしゃるでしょう。

中には、フリーランスSEになって収入アップにつながると思っていたのに、なぜか貯金が少ないなど予想と違い不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方達のために、ベイビーステップとして私が開催しているセミナーのリンクに記載されている文章をまず読んでみてください。

 

ご共感頂けたなら次のステップは是非セミナーへ申し込んでください。

「3つの安心」を約束しているので安心して受講できます。

 

 まずは「7日間の無料メルマガ講座」から

メールアドレス*
お名前*

 LINE@「友だち」追加であなたの悩みを解決!


■ QRコードで追加(PCの場合)
メニューの「友だち追加」で「QRコード」を選択して、このQRコードを読み取ってください。


 


■ 1クリックで「友だち追加」(スマートフォンの場合)
すでにLINEをお使いの方でスマートフォンからご覧の方は、下のボタンをタップしていただくと、「友だち追加」できます。
友だち追加