ITエンジニア20代後半から考える、フリーランスキャリアプラン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

-shared-img-thumb-PASONA_10_TP_V

相談者の傾向から考えると、20代後半からフリーランスを視野に入れた将来設計を検討している方が大半です。

会社に入社して、スキルアップしていく自分を想像していたが、むしろ雑務のみ。

SEといえども、高度な雑用”という観点で捉えてしまう20代のITエンジニアは多いのではないでしょうか。

新商品を提案して華々しいIT業界ですが、一般企業に入社すると

テスト、ドキュメント整備、チェック

など若手であればあるほどこのような雑務を押し付けられます。

IT業界はスピードが命なので、日々向上心を持たないと、ふと会社の外に目を向けた際に自分がすでに置いてけぼりにあっている状態なんてよくあります。

そうならないためにも20代後半からは、真剣に将来に向けたキャリアプランを考えるべきなのです。

このサイトでは、フリーランスを絡めて最終的には独立というスタンスで、キャリアプランを提案します。

スキルアップが見込めないなら会社を辞めるべき

-shared-img-thumb-MAX87_burankodekodoku20140531_TP_V

仕事を通してスキルアップができるなら、願ったりでしょう。

しかし、多くの職場ではITエンジニアに割り当てる作業が高度な雑用としか思えない微妙な職場もあります。

中々スキルアップに見合わない現場では、ただただ時間だけが過ぎていくだけので、すぐにでも会社を辞めるべきです。

時間は有限!もったいない。

「現場維持」というリスク

-shared-img-thumb-GREEN_HO20140125_TP_V

会社員の場合、よっぽどのことをしない限りクビどころか降格すらありえません。

そのため、現状満足しているから特に行動しない!という方が多い。

しかし、ある日突然会社が倒産するかもしれないし、リストラされるかもしれない。

現状維持の人ほど、このような局面になった場合焦ることでしょう。

「安定」と言われている会社に勤めていたとしても、

  • いつ何時精神的な病気を患うかもしれないし、
  • 田舎に帰らないといけない出来事

が起きるかもしれません。

そのためには、例え何かあった場合でも安心できる第2の刃を持つことでしょう。

スキルに自信が無いならオンラインスクールに通う

-shared-img-thumb-150415211966_TP_V

ITエンジニアは、幸いなことに第2の刃を持つのに最適な業種です。

ITのどの分野でもいいので一つ極めていると、他分野に対しても身につくスピードが他業界に比べ2倍程度早く身につけます。

さらに、例え勤めていた会社で、スキルアップにならない仕事しか与えられなかったとしても、今では第二の刃を簡単に身につけられるオンラインスクールがあります。

当ブログが絶大にオススメする、プログラミングスクールのDiveintoCodeが提供するサービスを活用することで、

副業はもちろん、会社を辞めざるをえない状況になったとしても、何もスキルがないよりはマシです。

さらには副業制度も充実しているので、場合によっては給料と合わせて年収1,000万円越えも難しくありません。

第二の刃として、日中は働いて業後はオンラインスクールで勉強、もしくはオンラインスクール経由の副業。

実践をすることにより、スキルも並行して身につきます。

会社で学ぶより、圧倒的にスキルを身につけれることでしょう。

時間がない!お金がない!なら、フリーランスになって稼げばいい!

-shared-img-thumb-LIG_h_satutabatekkyuu_TP_V

「スキルも身につけて、副業までできてかなり良いプラン」 と思いませんか?

しかし、反対にこのように思いませんか?

「時間がないんだよな」

「スクールに通うお金がないんだよね」

つまり、お金や時間が無いからと理由で、自分の成長を諦め、現状維持のまま。

もし、あなたがこのようなマインドだったら5年後、10年後も同じような言い訳をし続けて結果変わらずな状態でしょう。

なぜなら会社員の場合、歳を取ればとるほど、言い訳に箔がつくから(例:家族が、仕事が、そんなん理由にされたら、相談する側としてはアドバイスできなくなりますって。)

もし、現状を打破したい!このままじゃダメだ!って思うのなら、会社員という環境をガラリと変えてしまう、フリーランスになることをオススメします。

ライフスタイルの分岐点

私の実体験ですが、フリーランスになって時間とお金に相当な余裕が生まれます。

時間とお金に余裕ができるので、さらに未来のために投資ができます。

未来に投資すると、さらに時間とお金に余裕ができます。

・・・

・・

この繰り返しです。

しまいには、社会のために貢献意欲も持ちはじめ、ボランティアにも勤しむようになります。

「時間がない、お金がない!」

なら、散々このブログでも伝えていますがフリーランスになった方が手っ取り早いですよ。

会社員でいることが「安定」なのか?

bsGreen26_teiden220141123163347

会社員の方にフリーランスを勧めると、フリーランスは不安定という回答をもらいます。

そもそも絶対的に「安定」という職業はないでしょう。

公務員だって、今ではタバコ吸う時間だって制限されています。税金の無駄遣いと罵られ処分されます。

収入的に一律、上がり下がりの変動も少ないので安定かもしれませんが、別観点からの意見だと、縛りがきつく逆に精神的に不安定になります。

経済面、健康面、人間関係面において全てにおいて安定が保障されている仕事は存在しません。

ようは、安定と思うか思わないかは自分次第なのです。

私は会社員でいるより、フリーランスでいる方が安定です。会社員は不安定です。

なぜならば、フリーランスの方が収入源を複数確保してても、所得を正しく申告していれば稼ぎ続けることはできます。

稼ぐことができれば、健康面にも気を使えるし、時間とお金も確保できるので人間関係も良くなります。

さらに稼げばビジネスを仕組み化できます。IT業種の方たちは仕組み化得意でしょ?

対して、会社員だと収入源の複数確保は厳しいし、さらにはマイナンバーで副業がバレる。

与えられた仕事は断れないし、人間関係も選択できない。

時間も奪われるし、勤務地だって突然遠くに飛ばされる場合だってある。

働く場所によっては社畜扱いで、精神面にもプレッシャーをかけられる場合だってあります。

これらを踏まえても、フリーランスの方が会社員に比べると安定といえます。

以下の記事で「安定」について、大企業でいうそもそもの安定とはとして、触れたので合わせて読んでもらえれば

半沢直樹2が2017に放送か?大企業の社畜会社員に勧める作品
ドラマ「半沢直樹2」が今秋にもクランクインしそうです。まずはこの記事。いやー楽しみです。(とはいえ、放送は2017年秋ぐらい...

 まずは「7日間の無料メルマガ講座」から

メールアドレス*
お名前*

 LINE@「友だち」追加であなたの悩みを解決!


■ QRコードで追加(PCの場合)
メニューの「友だち追加」で「QRコード」を選択して、このQRコードを読み取ってください。


 


■ 1クリックで「友だち追加」(スマートフォンの場合)
すでにLINEをお使いの方でスマートフォンからご覧の方は、下のボタンをタップしていただくと、「友だち追加」できます。
友だち追加

 


「読んだよー」という意思表示でブログランキングをクリックしてくれるととても励みになります。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村