時給2,500円〜の在宅副業リモートワークについて質問回答きたよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2441fb03bfe506346d173561df1e7be6.png

前回紹介した「CODEAL(コデアル)」の在宅リモートワークの副業サービス。

まさしくITエンジニアのためのサービス。

まだ、ご覧になれていない方は是非!

エンジニアでない方も、好条件の副業のためかなり興味を引いたようです。

「CODEAL(コデアル)」の副業サービスの強みポイントはココ

  • 月40時間程度の案件だから、本職と無理なく掛け持ちできる
  • 時給単価2,500円〜だから、20代若者にとっては残業より副業が高い
  • 交通費、移動時間の削減
 今回は最も多く疑問に思われたであろう質問を3点に絞り解説します。

好条件かつ、在宅可能なリモートワーク案件だから質問殺到、最も多かった質問を細かく説明します。

bsfreee151108309478

複数質問をいただきましたが、

「リモートワークとは何?」「エンジニアじゃないとできないのか?」等の質問だったため、こちらは割愛します。

質問1.職歴や経歴はどれぐらいあればできるのでしょうか?

ITエンジニアとしての経歴、職歴の基準は最低でも3年。3年未満は企業側としても採用するには難色を示すため、経歴は3年以上が必要。

ただし、このスキルを通しての業務経験を採用担当者を見るため、業務経験の経験年数も重要となります。

多数の応募が殺到するため、経験だけではくスキルが3年以上無いと採用は厳しいパターンが多いでしょう。

自身の経歴等は、「CODEAL(コデアル)」専用の「ポートフォリオ」を用いて作成します。

採用担当者目線でポートフォリオを細かくアピールすれば、採用確率が比較的にあがるようになります。

質問2.未経験者がオンラインプログラミングスクールで学んで、それでできるレベルでしょうか?

残念ながら1ヶ月〜半年レベルのオンラインプログラミングスクールで得たレベルだと、難しいようです。

質問1にある通り、企業側が選考するので技術を認めてもらえるレベルでないと厳しいです。

しかし、未経験者の方が今後も在宅案件の副業ができないわけではございません。

オンラインプログラミングスクールで受講し、学んだ知識を用いて講師や開発案件をやるという方法もあります!

「DiveintoCode」でプログラミングを学んだあとにバイトとしても活躍できる場を設けられているので、うまく活用すれば楽しみながら副業収入を得ることもできます。

「CODEAL(コデアル)」のリモートワーク案件よりは時給が下がりますが、こちらのサービスも在宅で時給1,000円以上とオススメです。

さらには実践を積みながら経験を得られるので、最終的にはコデアルも活用して、在宅だけで稼げるようになります。

在宅で稼げるようになれば、出社する必要もありませんね。

質問3.稼働時間はどのように計れるのでしょうか?

在宅での稼働時間は測りません。タイムカード不要です。

では、どのように時間を決定するのか?

毎週10時間-15時間でできる量を企業側と決めておき、そのタスクをやり切れたかどうか?で決めます。

スキルが高い人だと40時間未満で終えることも可能です。

はじめは40時間を多少超える可能性もありますが、慣れてくればパターンがわかるのでゆくゆくは副業を2つ3つと持ち、本業をやめて「CODEAL(コデアル)」のリモートワークがメインになることも可能です。

だって3つやったとしても120時間、かつ最低時給2,500円〜なので月30万円稼げる計算になります。

会社員は8h /日、20営業日で計160h / 月 + 移動時間で、月給25万円。

あなたはどちらを希望しますか?

案件を見て、できそうならとりあえず登録すること!!

天才エンジニア

これはコツなんですが、サイトの案件を見て「あっ、これいけそう!」と思ったなら、とりあえず登録することが大事です。

案件をやるやらないはその後に考えればいい。

まずはそのフィールドに乗り込むことが最初の一歩です。黄色信号レベルならとりあえず渡っちゃいましょう!

全くスキルが噛み合わないのであれば、他の選択肢を考える必要もありますが、業務で経験ある場合は登録をオススメします。

ポートフォリオを作成しないことには始まらないので。

現時点で私が紹介できる、一番の好条件はこの「CODEAL(コデアル)」のリモートワークです。

ITエンジニアという強みを最大限に活かして、収入を一気に拡大しましょう!

 

600%e2%80%86x350

メールアドレス*
お名前*


「読んだよー」という意思表示でブログランキングをクリックしてくれるととても励みになります。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする