SE悩み相談の専門家〜株式会社SE LIFE BOAT

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-23-01-12

会社員時代、プロジェクトが終わっても次のプロジェクトが忙しい。

いつになっても終わらないデスマーチ。

早く帰れる時は、

「残業時間が超過しているから、今日は早く帰れ!」

と言われた時ぐらいでした。

そのような環境の中、どうしても気になるのは漠然とした将来。

ITエンジニアなら、誰しもが経験あるでしょう。

  • 精神的に潰れてしまったり
  • 体力面で疲労困憊になったり

そのまま業界から去る方も少なくありません。

上司や同僚に悩み相談しても、飲み会で愚痴を吐かせてスッキリさせるような、その場しのぎの方法しかない。

根本的な解決には至らないわけですね。

その時にオススメなのが専門家のカウンセラーに相談することですが、

IT業界の苦しみを共感して、かつカウンセリング(具体的なアドバイス)できる方は、非常に稀です。

今回は業界を18年以上経験し、現在も現役SEである株式会社SE LIFE BOAT代表の尾関さんをご紹介します。

現役SEだからわかる、SEに対するお悩み相談

尾関さん自身、現役バリバリの金融系システム開発のSE。

私と同様で、自身の経験から日々追い詰められ倒れていくSEを助けたいということから、このビジネスを始めたようです。

ITに精通あるから、具体的な悩みに寄り添いカウンセリングいただけます。

カウンセリングだけでなく、SE専門のコーチング、スキルアップ勉強会の自主開催を実施しているとのこと。

SEをしながら、SEの悩みを生で吸い上げ、SEのためのセミナーを開催する

現場の悩みを知る立場というのは、共感する上で重要です。

例えば、現場の状況を理解できないような人に、

「それはお前が考え直すべきだ!」みたいなことを言われたら腹が立ちますよね。

「何も知らないくせに。。。」

他の心理カウンセラーが劣っているということではありませんが、

ITエンジニアという業種は論理的な人が多いため、メンタルケアを受け入れないタイプが非常に多い。

なので、そのようなタイプにも的確にアドバイスできるのはやはり同業種がベストでしょう。

また、現場で働くということは、現場で働くSEが欲しているスキル的な悩みに対してもアドバイスすることができます。

SEが本当に悩んでいること、苦しんでいること、このような悩みを提供できるからこそ、現役SEは強みなのです。

今の仕事が今よりも楽しくなる「SE ライフ メンテナンス」

「この業界が嫌になった」

といい、他業界へ転職すること決意した話を聞くことがしばしば。

しかし、他業界へ転職というのは、リスクの高いことです。

ドラクエで言うと、レベルが1からのスタート。。。

そもそもIT業界はキツすぎて、、、でも、別の業界なら余裕でしょう。

といった甘い考え、大変キケン!

他業界に元々行きたかった、

ゆくゆくはこの業界に進みたかった!

という情熱があるのならともかく、

「◯◯業界なら私でもいける。」

のような感覚で決めるのは非常にキケンです。

どうせなら、現在の仕事に情熱を注ぎ込めるようになることが一番の幸せですよね。

“仕事の質”というのは、”人生の質”に直結します。

SEという仕事は、ITスキルがあること。

ITスキルがなくて、羨ましがっている人が大勢いることを再認識してみてください、

もし、自分が素晴らしい仕事に就けていることを実感できなくなっている状態なら、

株式会社SE LIFE BOATに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

SEさんを対象とした法人向けサービスも充実

IMG 1674 e1466860025195 300x225

現役SEで、法人向け相手にセミナーを開催している方は、SE LIFE BOATさんが初めてでした。

しかも新人教育ではなく、若手の現役バリバリ活躍するSEたちを相手。

SEがSE向けにセミナーをするというのは、結構プレッシャーが。。。

業界18年以上の現役SEが提供する仕事アップ術、だから実感が湧きやすい

業界18年も金融系システム開発をしているので、この業界を熟知しています。

だから効率的な仕事術を提供できるのです。
外部のマニュアルというより、より実践に近い形式のセミナー。
人事担当者の皆さん、一度問いあわせてみてはいかがでしょうか。

大手企業への講師実績あり

セミナー講師としては大手企業での講師実績ありです。

代表自らの信頼がないとできないですね。

さらに、その他起業家セミナーなどでの講師経験もあるようで、講師スキルとしては充分すぎるほどだと思います。

従業員への教育に悩まされている企業はまずはチェックしてみてはいかがでしょう。

 

600%e2%80%86x350

メールアドレス*
お名前*


「読んだよー」という意思表示でブログランキングをクリックしてくれるととても励みになります。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする