転職・転身の決断力。決断力が弱い人はどの業界でも生き残れない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決断力

フリーランスSEになって4年。

今月でフリーランスSEの仕事を一旦休み、個人でのビジネス活動に励みます。

ちなみにフリーランスを休むということなので、現役フリーランスのエンジニアであることは変わりません(笑)

ギリギリですかね^^;

長期で休みを取れるというのも、フリーランスのメリットの一つ。

最悪、失敗してもまたフリーランスSEとして活動すればどうにかなる、と思っています。

それにフリーランスSEの仲間には一ヶ月間海外で休息を取り、再スタートをする人もいます。

私自身、一番の課題は「自分に自信を持つ」でした。

会社員時代は、自分に自信がありませんでしたが、フリーランスになり色々な活動を経て自信を身につけれてきたと思います。

さて、これから個人の活動に移るということで、

今回のテーマは「決断力」について。

あなたが、「今の会社を辞める!」というのも、重要な決断力の一つですね。

決断力が無い人の特徴

意識の低いデブ

「辞めたい!」と口では言うけども・・・

私は相談時に、相談相手からよく「辞めたい!」という思いを語られますが、

「辞めたい!」と口だけで言っても、結局辞めない人が大多数です。

あなたはどうですか?

理由は様々と思います。

  • 辞めるに辞められない環境だった
  • なんやかんやで残業代も入るし安定かも
  • 辞めた方がリスクが高いかも
  • 自分に自信がない。

理由を考えると尽きないですね。

色々考えると、結局「現状維持が一番だ。」という結論に至ってしまって、

結局行動ができないという負のスパイラルになります。

「現状維持は退歩なり。」

現状維持は簡単です。

求めなければいいだけですから。

例えば、

  • 今よりもお金が欲しい
  • 自由な時間が欲しい
  • 転勤や出張をしたくない

これら求めるものを抑制することにより、現状維持は保たれます。

しかし、会社はそんなあなたに、否応なしに求めます。

比例して、仕事能力を上げなければなりません。

気がつくと、

段々と、でも着実に、会社があなたに振りたい仕事が、あなたのやりたい仕事に摺り替えるよう仕組んでいます。

もし、あなたがここまで読み進められているということは、実感があるということ。

実感があるということは、現状に満足できていない。

変わりたいから、読み進めているのではないでしょうか?

(といって、ここで読み終わらないでね^^;そのまま読み続けてください)

ちなみに、前会社の後輩から数回相談を受けています。

当時、社会人4年目だった彼が、3年経っても

「辞めたい、フリーランスに興味あるけど自信が無い」

と、言い続けています。

相談は受けますが、私からとりあえず勧めることはありません。

結局本人が、「現状から脱したい」という思いが強くないと動かないわけですから。

自分に自信がない。

前述した後輩が言うように、「自分に自信が無い」という方は多いです。

私もその1人だったので、その気持ちはよくわかります。

あなたが今、自分に自信が無く一歩を踏み出せないというなら、

社畜seの相談窓口からお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

あなた自身が「自分はレベルが低い人材なんだ。」と、思い込んでるだけかもしれないですし。

現場に赴くと、上司やデキる後輩が多く

「自分に後輩よりできない。だから自信が無い」

と自信をなくす気持ちもわかります。そのような悩みでも結構です。

具体的なアドバイスは頂いた相談内容から吸い上げ、アドバイスいたします。

ただ、フリーランスSEとして働くには、業界で3年間以上の実績が必要です。

逆を言うと3年間の実績があれば、フリーランスSEとして十分働けます。

もちろん、3年達していない方も相談を受け付けます。

遠慮なくどうぞ。他業種からも問い合わせいただくので、知りたい内容に関しては気軽にどうぞ。

あなたの決断をフォローしますよ。

私も相談して決断しました。

フリーランス相談

相談するということに、抵抗がある人もいます。

実は私もフリーランスになる前は、2社ほど転職エージェントさんに相談したことがあります。

が、わたしの経歴だと要望をろくに聞かず、さっさと終わらせようとするんですね。

転職エージェントは、転職させた相手が高収入の会社であればあるほど収入も高くなるので、

私みたいな低所得で、資格やアピールポイントが少ない人はターゲットじゃないらしく、結局お断りされました。

社畜のような働き方をしていたため、

資格の勉強をする暇もない(そもそも試験日も仕事)から、アピールできるものが何もないんです。

もちろんアピールできる資格が無いのは私側の落ち度なので仕方がないですが、

低所得エンジニアが進める道は狭いと、実感しました。

当時は、結局社畜であることを受け入れようとしていましたが、そんな時に背中を押してくれた方がいます。

私がフリーランスを決断したのはIT業界と全く関係ない、投資のメンターさんと相談したからです。

エージェントのような相談ではなく、目的や目標を念頭に入れた上で今一番、理想に近づきやすいのはどれ?

(その時の理想は、投資でノマドライフを送る人生でした。笑)

というものでした。

その理想に近づきやすい選択肢を表すと、

会社員 or フリーランス

どっち?

転職をするというのは、人生を分岐させるかもしれない“決断”の一つです。

私にとっても当時かなりの決断だったし不安でしたが、

いざ決断してその環境に入ってみると、結構大した事もない。

むしろ、「なんであの程度で決断を渋ったんだろう。」と、考える始末。

「転職することは勧めない」

という人も多くいますが、やはり現状維持で居続けるということが一番安心できない。

あなたは、決断できそうですか?

フリーランスへの相談は随時受け付けております。

注意事項:個別相談は東京都内(新宿or池袋)でしか実施しません。

名前(必須)
メールアドレス(必須)
相談はメール or 個別(対面)(必須)
電話番号(個別相談の場合必須)
簡単で構わないので経歴を記載。
(PG・SE・テスターを明確に)
(IT未経験の場合「未経験」と記載)
例)流通系システム構築、C#、4年、リーダー経験有
お問い合わせ内容(必須)
個別相談希望は希望日、時間帯を3つ記載。
どのブログが響きましたか?
性別
年代
役職
業種
年収
(フリーを勧める指標となります)