SE復帰希望、ブランク1年未満テスターバイト20代女性はフリーで復帰可能か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

aa

今回、このブログ開設して始めての女性問い合わせ。

アクセス解析をしても、9割男性なので女性は興味無いものだと考えてました(笑)

さて、“現場復帰”でフリーランスSEという選択肢はアリか?というテーマ。

SEを一度辞めて現在、テスターのアルバイトをしているYさん、半年以上ブランクあるが現場復帰は可能か?

「相談者の声」を投稿していただいたのでご紹介します。

Q1.相談前に、どの様なことで悩んでいましたか?

元々会社員で客先常駐SEをしていましたが、家庭事情で退社して以来、テスターのアルバイトをして生活しております。

給料が安く稼働も安定しなかったので、フリーランスのSEに興味を抱きました。

ところがフリーランスのSEというと、技術的・精神的にハードルが高いイメージがあり、

自分でついていける自信が無かったので、一度MIYAさんに相談することに決めました。


Q2.当ブログをどの様に知りましたか?(読んだブログ・検索キーワードも覚えている範囲でご記入願います。)

会社員時代に社畜SEで検索して、見つけました。


Q3.当ブログを知ってすぐに問い合わせしましたか?問い合わせしなかった場合、どんなことが不安になりましたか?

ブログを知ってから問い合わせまで1年位かかりました(苦笑)

ブログを知った当時は、自分の技術と経験に自身がなかったため、「脱・社畜」という言葉に興味はあったものの、問い合わせを見送りました。


Q4.数多くの相談できるHPがある中で、何が決め手となって当ブログに相談しようと思いましたか?
  • 営業ではなく、実際に技術者として働いている方に相談できる
  • MIYAさんのブログ記事が興味ぶかかった

という点において、他社のエージェントに相談するよりも為になる話が聞けるのではないかと思いました。


Q5.実際に相談していかがでしたか?相談後はいかがですか?

ブランクもあり経験年数も少なかったため、スキル面での不安が強かったのですが、慣れるために比較的優しい案件から入ることも可能だとわかり、少し安心しました。

実際に相談に来られてフリーランスをしている方の状況を教えて下さったので、改めて自分がフリーランスとして働くイメージを持つことが出来ました。

フリーランスというと技術的にハードルが高く、一人でやっていけるぐらいメンタルが強くなければいけないと思い込んでいましたが、自分で働き方を選べる上に困ったことがあれば営業さんに相談することも出来るというメリットを知れたことが一番の収穫です。

MIYAからのコメント

現在、テスターとしてシフト勤務で働いているというYさん。

週に1〜2日だけしか働けなかったり、勤務日は指定されるため予定を入れられなかったりと結構不自由な働き方を強いられてました。

イベントスタッフみたいですね(苦笑)

Yさんの会社員時代、

基本設計〜システムテストまでを経験という、SEとしての業務を経験していたようです。

ただ多重下請けだったらしく7次請け、8次請けと給料的にはかなり低かったようです。

さらには会社の都合で片道3時間の超遠い勤務地に”突然”移らされたようです。

ありえないですね・・・笑

最近聞かなくなりましたが、都内ではこのように多重下請けで悩まされているエンジニアはまだまだ居るのですね。

もし、このように多重下請けで悩まされているエンジニアがいれば、フリーランスになることをオススメします。

スクリーンショット 2015-08-17 23.39.06

さて、本題の“現場復帰”について。

基本的に現場復帰は前職の経歴が、Yさんのように基本設計〜システムテストまでの工程を経験している経歴があれば、受け入れ可能な企業はあります。

が、やはりブランクの影響はでかいため、以下の条件を呑む必要があります。

  • 多少ブランクがある前提を了承してもらった上で参画(当然、単価は低くなる)
  • 主に下流工程からの参画(開発、テスト)

このような条件から、現場で誠実に働くことで評価してもらい単価も通常単価に戻るようになります。

Yさんもやはりいきなりの現場復帰は不安ということなので、すでに参画しているフリーランスが居る現場にてフォローしてもらうことも可能です。

あとは、現場責任者の判断となります。

当然ですが、ブランクある前提で受け入れてもらっているのに、勤怠が悪かったりなどすると話になりません。

ブランクを了承してもらうため、“誠実さ”はより一層注意する必要がありますね。

(ビジネスマン・社会人として当然のことなので)

「スキルが無いからムリ・・・」と勝手に自信無くして、現状維持から脱そうとしていませんか?

Yさんのアンケート記載のように、

「スキルが無いからムリ・・・」と誰にも相談せずに、不満である現場を受け入れる方は多いです。

Yさんは私へ相談という行動に移しましたが、行動に移せてないエンジニアは多いです。

相談するにしても、社内の同僚や友人、身内など身近な方に相談で「現状維持が一番」で相談終了、という方も多いです。

相談するなら身近な存在ではなく、同様の経験をして且つ理想の結果を得ている方に相談する方がその人が取ってきたレシピをそのまま使えるので手っ取り早いです。

スクリーンショット 2016-05-16 22.46.59

「スキルが無いからムリ・・・」

と思われている方、「悩めるSE・PG個別相談窓口」にて、メールでも構わないので問い合わせてはいかがでしょうか。

誰しもがフリーランスSEになれるとは言えません。

フリーランスSEに例えなる選択肢を取らないにしても、何かしらのアドバイスはできますね。

フリーランスという生き方は選択肢の一つとして、捉えておいてはいかがでしょうか。

女性にとってフリーランスという働き方は理想では?

今回、初の女性問い合わせということもあるので、今まで案内できませんでしたが

女性にとってフリーランスという働き方はかなりオススメなのでは?

と考えてました。

何故なら、女性は以下のいずれかで退職されるケースが非常に高い。

  • 結婚などによる寿退社
  • 産休制度を使わずそのまま退職

会社員の大半は、数十年先まで会社が雇ってくれる前提で考えています。

その上で安定と。

女性の場合、産休を取り終えて現場復帰したとしても、何かと子供の面倒がかかる時期は満足に仕事ができません。

後輩には抜かれますし、子育てに専念する必要があるため、結果退職を選ぶ場合がほとんどです。

産休制度で戻る女性社員はごく僅かではないのでしょうか。

もちろん安定な会社員(もう安定とも言い難いが・・・)を選択するのもいいですが、

フリーランスのように短期間で時間とお金を作れる方がメリットが大きいのではないかと考えてるわけです。

フリーランスで得られたお金と時間を使い、

結婚後も子育てと両立させて働けるような新たなステップアップを考えてみるという選択肢もアリだと考えてますが、女性のみなさん、いかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする