フリーランスが激アツ!経済産業省の働き方改革が素晴らしすぎる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MIMIYAKO85_sagyousurudansei20140725_TP_V

ドラマでもドクターX」がシーズン4で放送開始。

フリーランスの外科医という、今まで聞かないような働き方がドラマでも人気ですね。

IT業界でもフリーランスは現在急増中。

しかし、IT業界では以下の感覚で捉えられていることもしばしば。

フリーランス=個人事業主

ではなく、

フリーランス=バイト

前述した『ドクターX』でも、度々

「バイトのくせに!」という表現がありますね。

そのため、企業によってはフリーランスを雇う事を嫌うパターンも少なくありません。

しかし、嫌う企業の気持ちも否めません。

事実、無断欠勤など

フリーランス=個人事業主という意識を欠いている方も少なくないわけですから。

この影響もあり、国は積極的にフリーランスを応援することがなく、私個人はずっと歯がゆい思いでした。

しかし今回、経済産業省が動きました!以下をご覧ください。

これは、日本の社会が変わる大きい時代の変革になることでしょう。

今、企業でも将来の安定を保証できないことから、副業を許可している大企業も少なくありません。

特にIT業界は、今後フリーランスという働き方に大きく拍車がかかりそうです。

経産省は、能力の高い人材が時間や場所に縛られずに働けるよう、来月に研究会を立ち上げ、年度内に議論を取りまとめる方針です。

この議案はまだ可決はされていませんが、決まると今までの日本の価値観や常識が一変する大変革になるかもしれません。

2022―これから10年、活躍できる人の条件

日本一のマーケッター神田昌典氏の書籍『2022―これから10年、活躍できる人の条件』で、以下の様に提唱しています。

多くの経済学者や評論家が2015年前後から大きな時代の転換期を迎える。

その兆しが見え始めたのが2015年。

歴史を70年で1つのサイクルと考える70年周期説を元に考えると、70年前の1945年は太平洋戦争の終戦です。

さらに70年前の1875年は西南戦争の直前であり、江戸幕府が終焉し、明治維新の終結に繋がる時期です。

この時代の変革を知ると、その時代の”価値観”が見えてきます。

70年周期では、2015年で○○戦争のような明確な時代の節目はありませんが、人々の価値観はガラリと変わったと思います。

図に表すと以下の様な流れでしょうか。

35f3b2e1886d65468b3185f50c20b986.png

私自身がフリーランスだから、というのもありますが

2015年からは「自分自身(個人)のために」という価値観を自分に置く時代に突入するでしょう。

経済産業省の動きは、時代に沿った動きと思い、今後フリーランスという働き方はより一層活発化すると考えられますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 まずは「7日間の無料メルマガ講座」から

メールアドレス*
お名前*

 LINE@「友だち」追加であなたの悩みを解決!


■ QRコードで追加(PCの場合)
メニューの「友だち追加」で「QRコード」を選択して、このQRコードを読み取ってください。


 


■ 1クリックで「友だち追加」(スマートフォンの場合)
すでにLINEをお使いの方でスマートフォンからご覧の方は、下のボタンをタップしていただくと、「友だち追加」できます。
友だち追加

関連記事

フリーランスSEは独占禁止法で守られない!というシンプルで衝撃的な結論

  先日、以下の記事が掲載されました。 要点をまとめると以下の内容が書かれております。 フリーランスは独禁法と労働基準法の間のグレーゾーンとされてきた 今回、独禁法の保護対象となる方向となった そもそも独占禁止…

> 続きを読む
残業代含めた年収評価ってどうなのよ?

「みなし残業」「働き方改革」 働き方に色々、新たな制度とか取り組みが出てきたが、実際どれぐらい変わってるか不明ではないでしょうか? 特にIT業界は、未だに「残業が当たり前」という文化がまかり通ってますね。   …

> 続きを読む
裁量労働制で生産性は上がるのか? フリーランスSEが今後身につけるべきたった3つのリテラシー

働き方改革。 この単語を、電車の中吊り広告や街中などで本当によくみるようになりました。 その中でも、特に最近話題にあがっているのが、 「裁量労働制」 政府がすすめている働き改革の法案の中で、今検討されている制度。 今回、…

> 続きを読む

よく読まれている記事

「セカンドキャリア」を考える。1つの収入源では生きていけないというシンプルで衝撃的な結論
私が26歳の時(2012年)、フリーランスSEという働き方は現在(2017年)より浸透していませんでした。私は、稼働450時間(残業300時間)年収300万円未満といった衝撃的な社畜生活を送ってきた経験があるから、そのまま会社員で居続けることに漠然とした将来への不安を感じたため環境を変える決意をしました。

> 続きを読む

フリーランスエンジニアが転職フェア参加したら、全く魅力無かった3つの理由
リクナビが運営する「はじめての転職フェア」に参加してきました。私もそろそろ腰を据えて、正社員という安定した道に・・・という思いは全くもってありません(笑)残念ながら、会場内での写真は禁止だったため言葉のみの説明となります。以下の姿勢で話を聴いてきました。

> 続きを読む

元ITブラック企業に勤めてたSEが教えるブラック企業の見分け方【完全保存版】
未経験からIT企業へ転職、業界経験者で別のIT企業への転職(転社)を考える方は多い。しかし「IT企業」の検索を深掘りすると「IT企業 ブラック」「SE ブラック」というなんだかヤバ気なキーワードがチラホラ。ホワイトな印象はどこにも見当たらない。

> 続きを読む

話だけでも聞きたい!
とりあえず気になる!という方へ

セミナー

会社員SEからフリーランスSEへ
失敗しないための講座
よくご相談いただく、
・フリーランスSEになる上での不安
・フリーランスSEになってからの失敗談、成功体験談
・フリーランスSEとしての働き方
・フリーランスSEは不安定なのか?会社員がいいのか
・なぜ、今フリーランスSEを勧めるのか?
・フリーランスSEを活かした収入アップ・スキルアップを
メインにお話しします。

セミナー詳細

会社員SEからフリーランスSEへ!
Before→After
「フリーランスSEに興味あるけど私はなれるかな?」
「私は年齢的にフリーランスSEは厳しいかな?」
「私のスキルや経験では会社員SEで居続けるのがベストなのではないか」
など、フリーランスSEになった方を集め、
Before & After、そしてFuture(今後)をお話しして頂きます。

セミナー詳細

noteやってます

私が代表を務める株式会社FromToの事業内容、エンジニアコミュニティの運営、相談者のセカンドキャリア、私個人のセカンドキャリアなど深い部分を発信しています。ちなみに音声配信も行ってます。 どのような活動しているのか?エンジニアコミュニティとは?セカンドキャリアは? ブログでは言わない、言えない事を発信します。