SI企業に関わる人はみんな不幸!? SI企業崩壊のシグナルとこれからのSE生存戦略

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SI業界は崩壊する…」

こう言われて久しく時が経ちます。

度々登場するこの話題。

なぜSI業界は崩壊する、と言われ続けているのでしょうか。

誤解を恐れずに言います。関わった人たちが不幸になるからです。

今回は、被害者である

SI業界で働くエンジニア」「SI業界に発注するエンドユーザー

の2軸で検証してみました。

幸せになれなかったSI業界のエンジニアたち

SI業界は伝統的に、独特の構造をとっています。ピラミッド構造です。

その構造が仇となり、SI業界で働く人たちは大きな問題を抱えることになります。

ここで挙げる問題は、以下の3点。これらを細かくみていきますね。

  1. 営業・お客さんからの無理難題
  2. 激務・薄給
  3. スキルが身につかない

エンジニアの悲劇 其の1. 営業・お客さんからの無理難題

下請けの人たちは、基本的に元請けから貰った仕様書をもとに仕事をしていきます。

お客さんや元請けの無茶ぶりに振り回されるのは、いつも下請け。

急な仕様変更などにより、デスマーチに突入することもあります。

付け加えると、多くの内部のエンジニアが激怒するのにはお客様よりも、その条件を呑んだ営業に向けてではないでしょうか?

「なぜ、そのような仕様変更を受け入れたのか?」

「もちろん仕様変更への追加金や納期延長を打診したんだろ?なに、打診できてないだと!!」

このように費用面、そして納期による期限も変わらないまま逼迫する状況が続くのがSIer業界あるあるですね。

多くのSEさんは怒りの沸点を超えた経験ありますよね。

エンジニアの悲劇 其の2. 激務・薄給

こうして激務に突入することがあるのですが、残念なことに薄給であることがあります。

前述したように、打診した内容は当然反映されず期限もお金も変わらず“範囲内”であるから。

さらに、このような状態は下請けに行けば行くほど顕著です。

終いには下請けに投げれば投げるほど中抜されていくので、

最後に残るのは搾りカス

構築できるエンジニアは主に下請け会社に存在しますので、激務かつ薄級という残酷な状態が続くのです。

雀の涙です。

エンジニアの悲劇 其の3. スキルがつかない

これからIT業界を目指すもの、転職を希望するものは必見ですね。

結論を言うとSI業界ではスキルは身につかない、と銘打っておきましょう。

正確には一般的に個人で使える範囲のスキルは身につかない、応用が効かない。知識は身につきますが。

元請けエンジニア。

一般的に

  • 仕様書作成や工程管理など、エクセルを使った仕事がメイン
  • パワポで下請けへ依頼する際の注文書や稟議書など作成

まずはテスターからの工程を経験させる、という流れが一般的ですがその後も開発に携わらず1年後は開発をすっ飛ばして、マネジメント業をさせられることもあります。

そんな開発を経験していない人からの依頼が来ると想定すると、当然ながら下請けの人たちも危険なのはイメージができますね。

それは「その1. 営業・お客さんからの無理難題」で記載しています。

その他の悲劇として、現状維持を良しとし新しいことに挑戦する機会が少ない。

結果、時代の流れに乗ったスキルのキャッチアップが難しい

前回の記事でも書きましたが、金融業界、とくに銀行系で働いている方はかなり危険ですので一刻も早くフリーランスSEという働き方を活用し次なるステップアップを進めるべきです!

金融業界で働くSE達はフリーランスSE化で人生を変えろ
私はフリーランスSEに興味がある、フリーランスSEを目指す方向けにセミナー & 個別相談をメインに事業展開しているのですが、...

幸せになれなかった発注者(エンドユーザー)たち

幸せになれなかったのは業界で働く人達だけではありません。

エンジニアは自分らが一番の被害者だと思いますが、視点を変えて悲惨なのはエンドユーザーも該当します

エンドユーザーがシステムを発注するのは、

システム導入によって業務効率を良くし、会社の利益をあげる

という目的のため。

よって、依頼する段階では資産でもなんでもなく負債(マイナス)からスタートするのです。

では、SI業界はこの目的を果たしてくれるような業界なのでしょうか?

この観点として以下の5つをあげます

  1. ピラミッド構造のせいで発注費用がかさむ
  2. 最終的に出来上がったものが、本当に欲しかったものじゃない
  3. 人月という曖昧な単位で開発費用を片付けられる
  4. ウォーターフォール開発のため100点の要件定義を求められる
  5. 要件定義を相談する相手がそもそもエンジニアではない

一つ一つ見てみましょう。

ユーザーの悲劇 其の1. ピラミッド構造のせいで発注費用がかさむ

SI業界は前述の通りピラミッド構造。

親が子供に仕事を投げる際、確実に利益が得られるよう、

見積もりに「バッファ」を上乗せしていきます。

孫、ひ孫も同じことをするので、下請けに投げるたびにバッファが上乗せされていきます

最終的にお客さんに提示されるのは、いくつものバッファが上乗せされた期間と金額。。。

お客さんにとっては非常に高額なものとなります。

当然、期間もバッファ分が加算されるため更なる期間短縮を含めるとまた高くなる計算です。

ユーザーの悲劇 其の2. 最終的に出来上がったものが、本当に欲しかったものじゃない

ピラミッド構造の弊害は他にもあります。

親が仕様を決め、下請けで基本設計、さらにその下で詳細設計、製造、、、と

伝言ゲームのように仕事が動いていくので、

最終的に製造されるものが要望とずれていることが、頻繁にあります。

上記の図は有名な図で、結局入り口であるコンペなどでの表現はすごく、結果は全く得られないもの。

エンジニアは過酷な労働環境が強いられているとはいえ、実現できなければエンドユーザーにとっては単なる負債システムになります。

ユーザーの悲劇 其の3. 人月という曖昧な単位で開発費用を片付けられる

SI業界では、仕事の見積もりを『人月」という単位でします。

1人月 = SE1人が1ヶ月 働いた時に発生するお金 です。

ただ、これは非常に曖昧な単位です。

ある会社に見積をだすと10人使って3ヶ月(30人月)かかる開発が、

別の会社に見積をだすと、5人月と大きく変動します。

単に安いからと言って評価するのではなく、この人月という表現はエンドユーザーにしてはブラックボックスな単位であることに間違いはない。

そもそもエンジニア1人当たりのスキルはどれぐらいなのか、可視化することが難しい。

内部で操作(かつ搾取)されているように見受けられてしまいます。

このように、特にIT専用の窓口が無い企業にとって人月という単位は曖昧で、どのベンダーに頼んだらいいか、非常にわかりにくいことになります。

高けりゃちゃんと作る、安けりゃ質が下がる、そういう指標は人月が評価するものではないので余計にわかりづらいのが現状です。

ユーザーの悲劇 其の4. ウォーターフォール開発のため、100点の要件定義を求められる

SI業界はその構造から、ウォーターフォール開発で行われることが多い。

ウォーターフォール開発は、基本的に手戻りが大きなコストになるので、ベンダーは要件定義の際、すべての要件を洗い出し、仕様もガチガチに決めたい

これが本音です。

しかしこれは、はっきり言って無理です。

エンドユーザーにとっては、システムの運用はテスト検証の繰り返し、常に改善が必要なのです。

Beta版を出し、クライアントの要望を用いて常に改善していくアジャイル開発が希望するもSI業界はウォーターフォールモデルが主なので取り合わない。

これはいわば、

100点満点の問題用紙を作りエンジニアがそれに対して100点の回答を出していくという流れ。

答案用紙がまず間違ってた!というのはあり得ないわけです!

エンドユーザーから見ても、100点満点の答案用紙は当然自信を持って出すのはまず不可能ですよね。もし間違えてたら追加でお金がかかっちゃうのでSIにも金銭要求されるし社内の上司からのプレッシャーも責められるため、厳しい立ち位置にいるのです。

ユーザーの悲劇 其の5. 要件定義の相談相手がそもそもエンジニアではない

要件定義するのはSIの元請けですが、

元請けは基本的に開発はせず、エクセルでの仕様書を起こしてあとは下請けに投げます。

ソースコードを書かない元請けが、知識はあるようだけど

機能が実現可能かどうか果たして判断できるのでしょうか

そして、その状況から算出される工数(人月から割り出される開発費用など)は正しいものだろうか?不信感は漂います。

確かに個人で依頼するよりは企業なので安心はありますが、あくまで開きが大きいと実際、企業であっても費用面でかかりすぎではないのか?

お客さんにとっても不信感は募りますね。

どちらも幸せにできないSI企業にIT業界が今後求められていくこと

これらのことから働き手・お客さんのどちらも不満が高まっている状態。

そんなSI業界は崩壊すると見てよい。

今までは「納品しさえすればベンダーに利益が出る」という仕組みで、ユーザ企業への価値は二の次でした。

これからは「いかにしてエンドユーザへ価値を出すか

に重きを置く時代に突入していきます(本当はアタリマエのことなのですが、、、)

また、重要視すべきは「個人の時代の到来」と言われています。

企業だけではなく、個人が to C 向けのシステムを発注するということもおきてくるはずです。

そんなこれからの時代に求められるするならば以下の3点。

  1. ユーザ反応を見て逐次改善対応できるような柔軟性
  2. 個人が比較的依頼しやすい価格で提供できる低料金
  3. ユーザが本当に求めていることを引き出すコミュニケーション能力

1. ユーザ反応を見て逐次改善対応できるような柔軟性

システムをローンチし、ユーザ反応を見つつ改善を繰り返すことにより、

ユーザへ適切な価値を提供することができます。

そのような柔軟性(とそれを見越した設計力)が必要になってきます。

必ずしも全業界に該当しませんがウォーターフォールモデルからアジャイル開発へシフトすることで問題解決の糸口になるでしょう。

特に to C のサービスならば尚更ですね。

補足:

大規模な開発にはウォーターフォールモデルが適しているとも言われていますが、ブラックや残業過多と言われ続けているのがこのモデルの現状です。

過去に「ビジネス・アジャイル」というウォーターフォールとアジャイルの良い面を採用したモデルがありましたが現在メインで利用している企業は何社あるか不明です。

2. 個人が比較的依頼しやすい価格で提供できる低料金

現在、to Bのシステム開発がほとんどなので、これからが to C のシステムが増えた場合、参入するのは大企業というより個人レベルの小さい企業が大多数になるでしょう。

今までは小規模企業はそこまで相手にしていなかったかもしれませんが、今では「個人の時代」という表現のもと重要な対象です。

発注者は個人なので、価格帯としては低めで設定することが重要ですがこのポイントを抑えられるかどうかがカギとなります。

小さい企業ですから開発コストは大きく下げる必要があり、複数の企業を担当する可能性があるため、エンジニアは常に開発効率をあげるべくスキルを磨く必要があります。

3. ユーザが本当に求めていることを引き出すコミュニケーション能力

発注者自身が「ユーザが本当に求めているもの」を100%わかっている。。。

なんてことはほとんどありません

エンジニア側が発注者に歩みより、

「どう作れば課題が解決できるのか」だけでなく、「そもそもなぜ作りたいのか」

場合によっては作らない不要な機能だってありそうです。だって相手は素人なんですから。

そのようなスキルを前提とした提案ができることが今後求められていきmす。

今まで仕事を取り、顧客との金銭が絡む提案は営業がやっていたかもしれませんが、このような仕様追加などに伴う箇所は今後エンジニアが引き継ぐことになるべきだと言えるでしょう。

そのため、エンジニアはより一層コミュニケーション能力の高さが求められます。

SI業界は崩壊するが、エンジニアは必要とされる

SI業界はここ数年で崩壊すると考えています。もしくは思いっきり人気が減るでしょう。

しかし、エンジニアは需要はむしろ高まります!

ただ、高まるとはいえ「見合ったスキル」「コミュニケーション能力」の2つは欠かせません。

「なんちゃってエンジニア」は今後格差が広がっていくでしょう。

その理由の具体例を参考サイトを元にお伝えしますね。

今SIerで作業をしている人たちへあなたはこんな作業をしていないか?

会社で行ってる雑務は、全てRPAという自動化処理で代行できる可能性が高いです。

RPA
https://www.youtube.com/watch?v=IvFUb0taXS4

身近な業務内容の動画
https://www.youtube.com/watch?v=19JSSWCd9nE

“正社員でも安定”と思っている仕事も、

IT業界問わず仕事を自動化できる日はそう遠くの話ではないです。

SIer業界だけで関わらず、一般的な仕事も自動化される可能性について、

今後意識していく必要があります。

今後どうなりたいかを見つめて、行動することが大事

いよいよ終盤、。

SI業界の崩壊、そして個人の時代の幕開け、など激動の世がやってきます。

その上でフリーランスSEという働き方はかなり都合が良い働き方と提案しています。

いままでのスライドでフリーランスSEに、そして会社員より増えた時間とお金を用いて次なる変革に備えた対応ができますね。

これらについては私が毎月開催しているセミナーにて詳しくご説明しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 まずは「7日間の無料メルマガ講座」から

メールアドレス*
お名前*

 LINE@「友だち」追加であなたの悩みを解決!


■ QRコードで追加(PCの場合)
メニューの「友だち追加」で「QRコード」を選択して、このQRコードを読み取ってください。


 


■ 1クリックで「友だち追加」(スマートフォンの場合)
すでにLINEをお使いの方でスマートフォンからご覧の方は、下のボタンをタップしていただくと、「友だち追加」できます。
友だち追加

関連記事

リモートワークを求めるエンジニアへ抑るべき3つの観点

「リモートワーク」という働き方に興味をもたれる方が多くなってきています。 企業によっては、大企業の一部が採用し始め、そしてベンチャー企業が週1はリモートワークデーと採用するというケースが増えてきました。 大企業よりもベン…

> 続きを読む
イケダハヤト氏があんなに仮想通貨を煽ってるのに、まだ怪しいと思う時代遅れのエンジニアへ

なんとなく仮想通貨の話題を出したかったので、今回は仮想通貨の話題。   別に、 「この仮想通貨が上がるかも!」 「仕事辞めて仮想通貨トレーダーなった方が稼げるよ!」 というネタはしません(笑) 私自身、トレーダ…

> 続きを読む
2018年は大フリーランス時代!『働き方改革』という名の茶番劇

あけましておめでとうございます^^ 皆さんは2018年の目標を立てられましたでしょうか?   2018年は、私の予想する限りフリーランス盛大期とも言える時代かなと感じています。 なぜなら、2015年頃から都内を…

> 続きを読む

よく読まれている記事

「セカンドキャリア」を考える。1つの収入源では生きていけないというシンプルで衝撃的な結論
私が26歳の時(2012年)、フリーランスSEという働き方は現在(2017年)より浸透していませんでした。私は、稼働450時間(残業300時間)年収300万円未満といった衝撃的な社畜生活を送ってきた経験があるから、そのまま会社員で居続けることに漠然とした将来への不安を感じたため環境を変える決意をしました。

> 続きを読む

フリーランスエンジニアが転職フェア参加したら、全く魅力無かった3つの理由
リクナビが運営する「はじめての転職フェア」に参加してきました。私もそろそろ腰を据えて、正社員という安定した道に・・・という思いは全くもってありません(笑)残念ながら、会場内での写真は禁止だったため言葉のみの説明となります。以下の姿勢で話を聴いてきました。

> 続きを読む

元ITブラック企業に勤めてたSEが教えるブラック企業の見分け方【完全保存版】
未経験からIT企業へ転職、業界経験者で別のIT企業への転職(転社)を考える方は多い。しかし「IT企業」の検索を深掘りすると「IT企業 ブラック」「SE ブラック」というなんだかヤバ気なキーワードがチラホラ。ホワイトな印象はどこにも見当たらない。

> 続きを読む

話だけでも聞きたい!
とりあえず気になる!という方へ

セミナー

会社員SEからフリーランスSEへ
失敗しないための講座
よくご相談いただく、
・フリーランスSEになる上での不安
・フリーランスSEになってからの失敗談、成功体験談
・フリーランスSEとしての働き方
・フリーランスSEは不安定なのか?会社員がいいのか
・なぜ、今フリーランスSEを勧めるのか?
・フリーランスSEを活かした収入アップ・スキルアップを
メインにお話しします。

セミナー詳細

会社員SEからフリーランスSEへ!
Before→After
「フリーランスSEに興味あるけど私はなれるかな?」
「私は年齢的にフリーランスSEは厳しいかな?」
「私のスキルや経験では会社員SEで居続けるのがベストなのではないか」
など、フリーランスSEになった方を集め、
Before & After、そしてFuture(今後)をお話しして頂きます。

セミナー詳細

noteやってます

私が代表を務める株式会社FromToの事業内容、エンジニアコミュニティの運営、相談者のセカンドキャリア、私個人のセカンドキャリアなど深い部分を発信しています。ちなみに音声配信も行ってます。 どのような活動しているのか?エンジニアコミュニティとは?セカンドキャリアは? ブログでは言わない、言えない事を発信します。