「年齢を言い訳にするな」某スクールの無責任なアドバイス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年振りと思えるぐらい久しぶりにブログを書きます。

『フリーランスの指南書』として結構投稿していましたが、全く投稿しなくなりました。。。すいません。

ただ言えるのは、ブログを書き始めた2014年から想定通りエンジニアはフリーランスが主流となる時代になってきております。

そもそもIT業界のピラミッド構造がおかしいわけなので、ようやくブログ内で言い続けてきた能力主義の時代に変わってきたんだなぁって感じがします。

こう時代の大きなうねりを感じると、こぞって時代の流れに合わせたサービスが出てくるわけなのですが、最近ちょっとあまりにも無責任だな、、、と思った某プログラミングスクールのアドバイスがあったので、久しぶりにブログにまとめたいな。って流れで書いてます笑

これは私が非推奨のプログラミングスクールが回答した言葉を見て「なんと無責任な!」と思い投稿したツイート。

※ちなみにプログラミングスクールについて煽り文句がヒドイという記事はコチラ

【検証】プログラミングスクール卒業したらフリーランスSEになれるは本当?元フリーランスSEが検証

「年齢を言い訳にしてはいけない」はホントその通り。
ただ、相談者は44歳(投稿にはないけど現在、無職)。

スクールの運営者なので
「スクール卒業後フリーランスなれます。年齢は言い訳。スキルがいつでも稼げる。だからスクールへ通いなさい。」という主張でしょう。

転職ではなくフリーランスです。フリーランスを目指す理由は単純にお金でしょうね。

「諦めなければ夢は叶う。」と言ってあげたいところですが、現実的に考えて私は勧められないです。

今回はそんなお話を徹底解説^^
未経験でフリーランスエンジニアを目指す方はぜひ参考にしてほしいです。

スクール卒業→フリーランス、需要が無いという現実

「年齢を言い訳にするな!」はその通りです。僕も言い訳にするなって側の人間です。

フリーランスって大きく分けて2種類あるんですよね。

  • 自分で仕事を取れるタイプ
  • エージェントなどを経由しての常駐型タイプ

前者の場合は、プロフェッショナルな立ち位置です。

質問者は「月収50万円欲しいからフリーランスエンジニアなりたい」とハッキリ言ってるのと、このスクール運営者が指しているのは後者の常駐型。

無責任なキレイゴト

私も後者だったので現時点ではエンジニアにとって収入アップにもつながるため推奨している面もあります。

しかし、年齢は一番ネック。

体力?いや違う。単純に需要です。

残念ながら、今の時代44歳未経験でスクール卒業したからと言って、業界に入れるとは思いません。ましてやフリーランスでなんて、受け入れ側としてもリスクでしかないです。

そもそもフリーランスは即戦力で、しかもエンジニアが活性化しているこの状況で未経験44歳から入る訳で、同じ土俵で戦うのは結構厳しいです。(趣味、もしくは個人でプロダクト開発とかなら良いと思います!)

例えば小学生が「将来はプロ野球選手なりたい!」というなら少しは期待できます。

しかし、20代前半の未経験な若者が同様のことを言うとどうですか?
小学生に比べてスタートが遅い分、確率は低くなりますよね?不可能ではないです。

あなたは勧められますか?って話。

少なくとも私は安易に「プロ野球選手になれるから諦めるな!」って言えないです。そんな無責任な。

で、冒頭のエンジニアの話はそれと同じなわけで。

客先を騙す「なんちゃってエンジニア」

「いやいや、未経験でもフリーランスなった!って言うてるやん!」

って聞こえてきそうですね。まぁ簡単です。

  1. 経歴盛りモリ(まずスクール受講期間(半年〜1年)経歴とする)
  2. 現場へいき実践。大抵初回は1ヶ月〜3ヶ月でバレてクビに→でも経歴はプラスへ
  3. もしくは人海戦術のようなテスター案件へ常駐→でも経歴はプラスへ
  4. まぁこう続けてると、実務経験は増えていく

スクール卒業後にフリーランスとしてスタート切れるのは魅力的ですが、単純に考えて常駐先からすると経験十分なエンジニアが欲しいんですよね。

が、しかしいざ契約してみるともちろんレベルが浅く。。。常駐先はカンカン!

実際、私がフリーランス時代「なんちゃってエンジニア」が横行してたのも事実。

仕事を取れる、けど経歴を詐称してまで案内することが果たしてエンジニアのためなのかは今の時代微妙ですけどね。

もしかしたら、この44歳未経験者がスクール卒業後に出される経歴は「44歳の業界経験5年」とかになるのかなって思います(笑)

これでフリーランスで活動できたとして「44歳未経験でもフリーランスなれた!」って堂々と言えるのかは疑問ですね。(1~3ヶ月でクビ、契約終了を繰り返し経験を積む。)

私が回答するのなら、以下のようなアドバイスかなと。

  1. 44歳でも別に不可能ではない。ただいきなりフリーランスは需要ない。厳しいけど転職は?
  2. 今までやってきた経験を活かしつつ、副業や趣味の一貫で開発するか、クラウドソーシングからなら?
  3. 別にエンジニアが全てではない。

ただ、転職を勧めたいわけでもないです。

転職したとしても、今までの環境に耐えられるか?が結構重要なので、それも踏まえて個人的には2,3を案内してしまうかなと思いますね。ちょっと現実的ですが。

エンジニアは今後も安泰か?→結論「否!」

エンジニアは儲かる、高給という話はまぁ事実。私もエンジニア(特にSIer業界で働くSEに向けて)はフリーランスなるべきだと提唱しています。

ただ、このスクール塾長が唱える「エンジニアは今後も安泰」という表現は警鐘を鳴らします。

まぁ理屈としては、

AIやブロックチェーン、新たなテクノロジーが生まれてくる。
そしてそのテクノロジーを扱えるのはエンジニアですよね。
なのでエンジニアは今後も需要がある。

という考えなんだろうな。

間違えではない。でもちょっと訂正するならば

訂正前>なのでエンジニアは今後も需要がある。
訂正後>なのでハイスキルなエンジニアは今後も需要がある。

という表現が正しいかなと。

AI使えたら仕事はあるんでしょうけど、もう研究職レベルの範囲だと思うんですよね。

簡単なレベルならいいですが、数学とか勉強するレベルなので文系でもエンジニアなれますって表現が完全理系オンリーみたいなわけで。

(ちなみに文系な私は元エンジニアでしたが、話聞いただけでお手上げです笑)

エンジニア不足と同時にくる「エンジニア余剰」

私は2022年に働き方に大きな波が来て、IT業界も大きく時代が変わるとみています。(対談、セミナーとかで話しています。よければどうぞ)

そこで重要なのが「エンジニア余剰」問題です。

  • AIだけでなくRPAの導入による効率化(人材コストカット)
  • スタートアップ買収による新規事業開拓(効率化)・既存事業の縮小
  • オフショアへ発注、もしくはグローバル人材の活用

これは「フリーランスだから危険」とかの問題でなくて、会社員も同様ですね。まぁ簡単にいうと副業OKを国が大々的に推進時点で、リストラ要件(整理解雇の4要件)が緩くなることも考えられるので今のうちに対策も立てた方がいいね、という流れなるわけなので。

もちろん、安泰のハイスキル層は今後も需要が高まるかなと考えてます。

が残念ながら国内IT人材の多くは、大抵SIer企業勤めで業務系システム改修や、場合によってはドキュメント整備がメインといったケースも多いというのが事実です。

結論「エンジニアは今後も安泰だ」というのは一部のハイスキル、かつ今後もスキルを磨けるエンジニアであることは絶対条件かなと。

とはいえ、悲観的にみることでなくエンジニアは多様な視点を持てば色々とできることがありますので、ぜひ現状の一つのコトだけに囚われず、今のうちに視野を広げて多様にチャレンジしてみるといいと思います。

経験を活かせ

最後はなんか未経験とか経験者とかごちゃ混ぜな話になってしまいました。。。すいません^^;

伝えたいことはシンプルです。

最近「エンジニアになれば儲かる」という煽り文句は非常に多く、自分の気持ちに寄った言葉を鵜呑みにしてしまうケースが多いです。

「人は見たいように見て、聞きたいように聞く」

残念ながら冒頭の44歳が某スクールへ入校したら、まぁブログ本文内にあるような流れになることでしょう。

相談者は無職ということで現在の経験は確かに活かせないかもしれませんが、もしこのブログを読まれた方は「フリーランス(エンジニア)なったら稼げる」という視点ではなく、自分の経験にプラスしてエンジニアの力が身についたらアレもできる、コレもできる。といった視点が一番良いかなって考えてます。

結果、今の経験を拡張→仕事を拡張→収入倍増、みたいな流れになるんです。

目的がお金のためだと、ブログ内で謳った市場に流されてしまう。

フリーランスなら、やはり「仕事がある」という視点も大事ですが「仕事を創る」という観点も見るべきかなというのが私の意見です。

ふ〜

久しぶりにブログ書いたら疲れた^^;

長文ありがとうございました!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 まずは「7日間の無料メルマガ講座」から

メールアドレス*
お名前*

 LINE@「友だち」追加であなたの悩みを解決!


■ QRコードで追加(PCの場合)
メニューの「友だち追加」で「QRコード」を選択して、このQRコードを読み取ってください。

 

■ 1クリックで「友だち追加」(スマートフォンの場合)
すでにLINEをお使いの方でスマートフォンからご覧の方は、下のボタンをタップしていただくと、「友だち追加」できます。
友だち追加

関連記事

なぜ、年収300万円以下の低所得者層は詐欺ビジネスにかかるのか?

  「えっ、私の年収低すぎ!!」     この広告が一時期ネット上の至るところに出現し、転職を考える人はこの広告にクリックした経験はあるのではないでしょうか? 私自身も、以前勤めていた会社で…

> 続きを読む
転職・転身の決断力。決断力が弱い人はどの業界でも生き残れない。

フリーランスSEになって4年。 今月でフリーランスSEの仕事を一旦休み、個人でのビジネス活動に励みます。   ちなみにフリーランスを休むということなので、現役フリーランスのエンジニアであることは変わりません(笑…

> 続きを読む
SEの彼氏が「会社辞めたい」言ったら注意する3つのチェック

ひと昔前、IT企業戦士といえば収入が安定しているイメージ。 しかし、リーマンショックや低単価のアジア勢が入ってきた事により、労働価値が減少し始めています。 収入が減るにも関わらず、求められる仕事量は増えるばかり。 そんな…

> 続きを読む

よく読まれている記事

「セカンドキャリア」を考える。1つの収入源では生きていけないというシンプルで衝撃的な結論
私が26歳の時(2012年)、フリーランスSEという働き方は現在(2017年)より浸透していませんでした。私は、稼働450時間(残業300時間)年収300万円未満といった衝撃的な社畜生活を送ってきた経験があるから、そのまま会社員で居続けることに漠然とした将来への不安を感じたため環境を変える決意をしました。

> 続きを読む

【2018年度版・改定】プログラマの副業!エンジニアがスキマ時間で稼げる推奨バイト5選
IT業界に勤める会社員/フリーランスSEの方達。副業について以下のように考えることは多いでしょう。・給料(報酬)だけでは不満、もっと稼ぎたい。・プログラミングスキルがあるからスキルを活かした仕事がしたい。・むしろ今までの経験…

> 続きを読む

元ITブラック企業に勤めてたSEが教えるブラック企業の見分け方【完全保存版】
未経験からIT企業へ転職、業界経験者で別のIT企業への転職(転社)を考える方は多い。しかし「IT企業」の検索を深掘りすると「IT企業 ブラック」「SE ブラック」というなんだかヤバ気なキーワードがチラホラ。ホワイトな印象はどこにも見当たらない。

> 続きを読む

話だけでも聞きたい!
とりあえず気になる!という方へ

セミナー

会社員SEからフリーランスSEへ
失敗しないための講座
よくご相談いただく、
・フリーランスSEになる上での不安
・フリーランスSEになってからの失敗談、成功体験談
・フリーランスSEとしての働き方
・フリーランスSEは不安定なのか?会社員がいいのか
・なぜ、今フリーランスSEを勧めるのか?
・フリーランスSEを活かした収入アップ・スキルアップを
メインにお話しします。

セミナー詳細

会社員SEからフリーランスSEへ!
Before→After
「フリーランスSEに興味あるけど私はなれるかな?」
「私は年齢的にフリーランスSEは厳しいかな?」
「私のスキルや経験では会社員SEで居続けるのがベストなのではないか」
など、フリーランスSEになった方を集め、
Before & After、そしてFuture(今後)をお話しして頂きます。

セミナー詳細

noteやってます

私が代表を務める株式会社FromToの事業内容、エンジニアコミュニティの運営、相談者のセカンドキャリア、私個人のセカンドキャリアなど深い部分を発信しています。ちなみに音声配信も行ってます。 どのような活動しているのか?エンジニアコミュニティとは?セカンドキャリアは? ブログでは言わない、言えない事を発信します。