今こそエンジニアは地方移住するべき「3つの理由」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナでエンジニア業界は「売り手市場」から「買い手市場」へ完全にゲームチェンジ。

このブログ自体、フリーランスSEを推奨するのは2022年ぐらいまでだなと思っていましたが、コロナで一気に前倒しされた感あります。

現在、私が地方移住サービスを開発している事と、私自身が静岡県浜松市に移住したこともあり「エンジニアは地方移住するべき」といった焦点に合わせ、ブログを再開しようと思います。

ここ数年でフリーランスとしての働き方は以下の二つに完全に分かれた思います。

  • 受託タイプ
  • 客先常駐タイプ

私が今後厳しいと警鐘を出してるのは「客先常駐タイプ」のエンジニア。

地方移住を検討してもいいですね。

勘違いしてほしくないのは、地方の方が活躍できる機会が増える!ということなので、地方企業への転職は別にネガティブに捉えないで大丈夫です。

エンジニアが地方移住すべき3つの理由

エンジニアという職種は安泰だ!というコメントなどをTwitterなどで見かけますが、

私の意見は「そうでもない」です。

ただ、都内より地方が伸び代があり、可能性が眠っているので地方移住すべきと提唱します。

理由1. エンジニア不足の裏に潜むエンジニア余剰問題

「ITエンジニアの人材不足」と騒がれてますが、この問題はその通りです。

しかし、不足しているのは“優秀なエンジニア”であり、SIerなどの客先常駐タイプのエンジニアでどれぐらいの人が自信持って手をあげられるでしょうか。

確信をつくと、大半がエンジニアという名の肩書きを持つも、いち作業者が多いのではないでしょうか。実際のところ技術面に自信がない。。

残念ながら、テレワークなどでスキル低いことが浮き彫りになった人材は、今後カットされるべきかなと。コロナで雇用を守る国の方針は、一見立派に見えますが大事なのは贅肉を落とし筋肉質な経営に転換することが求められることです。

なので、今後はバンバン採用していたエンジニアも買い手市場へゲームチェンジになったので、安く買い叩きか安心はできない状況なります。

優秀な人材は、別にエージェントを介さずともSNSを活用して採用できたりもするので、熾烈な状況が続くと予想しています。

また、今後は企業側としては買収に力が入っていきそうな気がします。尚更、客先常駐タイプのエンジニアに関しては赤信号です。

理由2. 地方企業に活躍の場、溢れる

理由1ではネガティブな理由でしたが、理由2はちょっと明るい話。

理由1はあくまで都内の話。地方では、余剰問題もなにもそもそも人材が不足しています。

それは、農業人材とか空き家活用といった地方創生色の話ではありませんのでご安心ください。せっかく培った経験やスキルは活用したいですよね!

「地方は仕事がない」といったイメージを持っているかもしれませんが、実は地方はこれから最も熱くなります!地方都市を中心に一気に企業や人材を大量に呼び込んでます!

ちなみに気になる年収ですが、ちゃんと案件を見れば年収はさほど変わらず(一般的な採用であれば)、かつ家賃や移動時間などを考えると圧倒的に地方が可処分所得を充実させられます!

合わせて裁量権の問題です!

都内企業だと、一律横並びの社風や、企業内でしか使われないスキルや立ち回りを磨いたりなど息苦しさを感じるかもしれません。

しかし、純粋に地方はやれる仕事の範囲が広いので裁量権あります。つまり成長が大いに見込めるので、地方企業で新規事業も大いに可能性あります!

都内はソフトウェア企業が中心ですが、地方だとMaaSだったりIoTだったり、農業活用だったり、都内とまた違った事業が多いです。

次回以降のブログに譲りますが、転職でなくても培ってきたスキルや経験を活かして事業承継など臨むのもアリです。可能性に広がってます!

地方企業のDXが求められており、IT業界だけなくても活躍できる余地がたくさんあります!

理由3. あらゆる環境で仕事がノビノビできる

意外と知られてないのが、ワーケーションスペースです!

地方都市限定になりますが、かなり充実しています。

都内だと単純に人が多く、場所を見つけるのにも一苦労だし、その上お金も高い。

しかし、地方都市だと割と低価格でノビノビ活用できる場所がたくさんあります!

いま、行政が力を入れているので結構充実してるんですよね。

地域の特色を活かしたロケーションなど充実しています。

ただ、残念ながら人が少ない笑。なので、ノビノビ活用できるし、ここでテレワークしている人も多いですよ。

最近はワーケーションなど職住一体の施設もあり、可処分所得を都内よりも有意義に過ごせる地域が増えてきました。

弊社開発中の地方移住支援サービスでは、これら地域の情報を繋いで提供し、安心して移住転職を支援します。

別サービスなりますが、取り急ぎメルマガかLINE@に登録ください。後日案内します。(もしくはメルマガ、LINEでご返信ください)

課題:都内と地方の価値観の問題

良いところだけでなく、ネガティブな目線も。

都内が進んでるのは否めなく、以下3つの点が最重要問題です。抑えておいてください。

  1. 副業(複業)禁止の会社が大半
  2. キャリアステップが仇となる
  3. 地方企業の情報が届いてない

1.に関してはそもそも複業文化が根付いていない。根付いてない企業は都内同様に年配社長が率いてる企業です。考えが古い企業が多いのも事実!

2.例えば都内で複数の企業を渡り歩いてたキャリアステップ(ジョブホッピング)が、地方企業だとネガティブに見られてしまいます。すぐ辞めるのではないか、、、といったように。それだけ見方が変わる可能性があります。

3.都内人材に対して、そもそも移住先候補が複数ある状態なので費用対効果悪いのが本音です。とはいえ案件は探せばありますが、求人情報はぶっちゃけハローワークに掲載されている情報だったり、エージェント介さないので待遇や年収の交渉は難しい。

地方の鮮度の良い情報は、地方に入り込まないと情報が得られないのが現状です。

これら1~3のミスマッチを解決するのが現在開発中の弊社サービスです。

良い求人、微妙な求人を厳選し、希望者に対して要望に合う求人情報を厳選してお届けしようと思うのが、いま開発中のサービスです。

サービスローンチしましたら、LINEなどで案内しますので登録よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 まずは「7日間の無料メルマガ講座」から

メールアドレス*
お名前*

 LINE@「友だち」追加であなたの悩みを解決!


■ QRコードで追加(PCの場合)
メニューの「友だち追加」で「QRコード」を選択して、このQRコードを読み取ってください。

 

■ 1クリックで「友だち追加」(スマートフォンの場合)
すでにLINEをお使いの方でスマートフォンからご覧の方は、下のボタンをタップしていただくと、「友だち追加」できます。
友だち追加

関連記事

錯覚資産で箔をつける!地方で目立ち活躍する方法

突然ですが「錯覚資産」という言葉をご存知でしょうか? 初めて聞いたという人は是非とも、この本を読んでほしいです。 例え実力があっても、環境が悪ければ活躍の場は与えられず成長機会にも恵まれない。 で、結局他の成長機会に恵ま…

> 続きを読む
エンジニアのセカンドキャリアに「地方移住」という選択肢

コロナの影響で有効求人倍率が2014年来の低水準となり、売り手市場から買い手市場にゲームチェンジとなりました! これは何も転職市場だけでなく、フリーランスの市場も同様です。 そもそもスキルが未熟でも適切な基準がなく「エン…

> 続きを読む

よく読まれている記事

「セカンドキャリア」を考える。1つの収入源では生きていけないというシンプルで衝撃的な結論
私が26歳の時(2012年)、フリーランスSEという働き方は現在(2017年)より浸透していませんでした。私は、稼働450時間(残業300時間)年収300万円未満といった衝撃的な社畜生活を送ってきた経験があるから、そのまま会社員で居続けることに漠然とした将来への不安を感じたため環境を変える決意をしました。

> 続きを読む

【2018年度版・改定】プログラマの副業!エンジニアがスキマ時間で稼げる推奨バイト5選
IT業界に勤める会社員/フリーランスSEの方達。副業について以下のように考えることは多いでしょう。・給料(報酬)だけでは不満、もっと稼ぎたい。・プログラミングスキルがあるからスキルを活かした仕事がしたい。・むしろ今までの経験…

> 続きを読む

元ITブラック企業に勤めてたSEが教えるブラック企業の見分け方【完全保存版】
未経験からIT企業へ転職、業界経験者で別のIT企業への転職(転社)を考える方は多い。しかし「IT企業」の検索を深掘りすると「IT企業 ブラック」「SE ブラック」というなんだかヤバ気なキーワードがチラホラ。ホワイトな印象はどこにも見当たらない。

> 続きを読む

話だけでも聞きたい!
とりあえず気になる!という方へ

セミナー

会社員SEからフリーランスSEへ
失敗しないための講座
よくご相談いただく、
・フリーランスSEになる上での不安
・フリーランスSEになってからの失敗談、成功体験談
・フリーランスSEとしての働き方
・フリーランスSEは不安定なのか?会社員がいいのか
・なぜ、今フリーランスSEを勧めるのか?
・フリーランスSEを活かした収入アップ・スキルアップを
メインにお話しします。

セミナー詳細

会社員SEからフリーランスSEへ!
Before→After
「フリーランスSEに興味あるけど私はなれるかな?」
「私は年齢的にフリーランスSEは厳しいかな?」
「私のスキルや経験では会社員SEで居続けるのがベストなのではないか」
など、フリーランスSEになった方を集め、
Before & After、そしてFuture(今後)をお話しして頂きます。

セミナー詳細

noteやってます

私が代表を務める株式会社FromToの事業内容、エンジニアコミュニティの運営、相談者のセカンドキャリア、私個人のセカンドキャリアなど深い部分を発信しています。ちなみに音声配信も行ってます。 どのような活動しているのか?エンジニアコミュニティとは?セカンドキャリアは? ブログでは言わない、言えない事を発信します。