マイナンバー副業ばれない対策より堂々と副業する働き方を選べば良い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年1月からは、マイナンバー制度が施行されます。

マイナンバー制度の目的はご存知の通り、

「税や社会保障の不公平をなくすこと」

このマイナンバー制度により、複数の収入源を確保している会社員にとっては副業がバレてしまうケースが非常に高くなります。

IT業界は、専門店なスキルがある事からバレないようにこっそり副業で稼いでいるSEが多いようです。

企業が相手だと、金銭のやり取りが発生しているため、税務署にてマイナンバーによる突き合わせ時に副業からの収入が発覚しています。

所得税が想定と異なるから、会社にも副業をしている事が明るみになってしまいますね。

そんな副業をしている会社員SEの悩みを解決するために、副業がバレない方法を有償で提供する税理士も居るようです。

ニーズがあるので、ビジネスとして成り立つのは当然ですね。

我々のようなフリーランスSEであれば、税理士と契約するのは大変有効ですのでオススメしますが、会社員にとって税理士は無縁の関係だと思っているでしょうから契約に一歩踏みとどまります。

この記事では、IT業界に従事する会社員SE・PGが副業がバレない方法を模索するよりも、もっと別観点の方法で気兼ねなく働ける方法を提案します!

会社員SEならフリーランスSEへの転身が一番簡単

会社員SEなら手っ取り早いのがフリーランスSE、つまり個人事業主に転身することでしょう。

会社員ではなく、事業主なので複数事業があっても特に問題ありません。

私、個人もこの形態にして、フリーランスSEとは別の事業から収益(つまりは副業)を得ています。

チャレンジして失敗している事業もありますが、会社員時代にできなかったチャレンジも簡単にできるし、会社にバレたからクビになるという恐怖は無いので、安心して副業に専念できます。

また、単純に会社員時代の時と比べると受け取る報酬が2倍以上はあるので文句無しにフリーランスSEへ転身して良かった思えています。

仕事をしていない妻や身内に会社を経営してもらう

会社員である本人が、会社設立はバレる可能性が非常に高くなり、副業禁止の会社であれば当然反乱を買います。

会社員にとってはとても危険な行為ですね。

しかし、何も本人が設立した会社代表である必要性は無いのです。

主婦である妻や身内に会社代表となってもらい、副業で得た収益を会社の売上げとすればいいのです。

この節税対策は、前回の記事で考察・紹介した書籍「いますぐ妻を社長にしなさい」をご参考下さい。

会社員にとっては良本だと思います。

税理士に依頼して、副業バレない対策をするよりこの方法が簡単ですし、堂々と副業をする事ができます。

いますぐ妻を社長にしなさい_書籍画像
会社員が経済的自由になれない4つの壁とは?会社員が副業禁止の理由とは?

マイナンバーは受け取り拒否した方が良いと聞いたけど本当?

Twitterや2chの噂レベルの話や過去の古い記事に、よく「マイナンバー制度は受け取り拒否するべき」とありますが、これはオススメしません。

アクセスアップ狙いのデマ情報ですので、お気をつけ下さい。

受け取り拒否は、物理上受け取らなければ可能ではありますが、国の制度を利用できなくなります。

(という意味であれば、上記画像の3番目のTwitter情報は本当かもですね。)

これからの日本はマイナンバー制度による、身分を証明する公共の場が増えると言えます。

マイナンバーを受け取り拒否すると、どのようになるかここまでお読みになったあなたなら察しがつきますよね。

余談:会社員SEは副業しないで良くね!?っと思った方へ

冒頭で「副業がバレる可能性がある」と解説したので、じゃ副業をやる事自体イケない事なのだ!と思った方へ。

それは違います。

あなたは、現時点の収入に満足で、今後も現時点の収入から微々たるアップを期待に満足しているという事になりますか。

日本は納税申告制度ですが、税務署は確実にお金を徴収できる箇所からお金を徴収します。つまりは会社員です。

なので、会社員への所得税は増える事はあっても減る可能性はゼロに等しいです。

所得税を減らすぐらいであれば、消費税を減らしますからね。

会社からの収入が増える、という事は所得税も当然増える事ですので、副業云々に関わらず会社員の収入拡大には限界がある事を念頭に入れるべきです。

shachikuForm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 まずは「7日間の無料メルマガ講座」から

メールアドレス*
お名前*

 LINE@「友だち」追加であなたの悩みを解決!


■ QRコードで追加(PCの場合)
メニューの「友だち追加」で「QRコード」を選択して、このQRコードを読み取ってください。


 


■ 1クリックで「友だち追加」(スマートフォンの場合)
すでにLINEをお使いの方でスマートフォンからご覧の方は、下のボタンをタップしていただくと、「友だち追加」できます。
友だち追加

関連記事

<必読>派遣SEとして働く前に、失敗しない押さえるべき3つの盲点

正社員として働くSEは仕事内容の量が多く、さらに責任が重い。 その割には「収入が安い」といった相談をよく受けます。 そこで、派遣社員になると正社員よりも収入が増えるという、IT業界あるあるの現象。 派遣社員になると正社員…

> 続きを読む
JAL残業改革から学ぶ。会社の古い考え3点に危険信号!改善無いなら転職へ

2010年JALは一度経営破綻しました。 皆さんご存知ですよね。 で、当時は印象が悪く株価も暴落しJALはなくなると思っていました。 しかし、驚くべき経営手腕で今はV字回復のJALに成長させた稲盛和夫氏には賞賛! そんな…

> 続きを読む
働き方改革、日本企業の悪しき慣習『アリキリ(アリとキリギリス)理論』

※タイトルの『アリキリ理論』については後述します。 ※メルマガ限定で配信した内容ですが、意外に反響あったのでブログにも投稿します。(メルマガはコチラから。) 先日、地元にて身内の葬儀(老衰死です)がありました。 身内です…

> 続きを読む

よく読まれている記事

「セカンドキャリア」を考える。1つの収入源では生きていけないというシンプルで衝撃的な結論
私が26歳の時(2012年)、フリーランスSEという働き方は現在(2017年)より浸透していませんでした。私は、稼働450時間(残業300時間)年収300万円未満といった衝撃的な社畜生活を送ってきた経験があるから、そのまま会社員で居続けることに漠然とした将来への不安を感じたため環境を変える決意をしました。

> 続きを読む

フリーランスエンジニアが転職フェア参加したら、全く魅力無かった3つの理由
リクナビが運営する「はじめての転職フェア」に参加してきました。私もそろそろ腰を据えて、正社員という安定した道に・・・という思いは全くもってありません(笑)残念ながら、会場内での写真は禁止だったため言葉のみの説明となります。以下の姿勢で話を聴いてきました。

> 続きを読む

元ITブラック企業に勤めてたSEが教えるブラック企業の見分け方【完全保存版】
未経験からIT企業へ転職、業界経験者で別のIT企業への転職(転社)を考える方は多い。しかし「IT企業」の検索を深掘りすると「IT企業 ブラック」「SE ブラック」というなんだかヤバ気なキーワードがチラホラ。ホワイトな印象はどこにも見当たらない。

> 続きを読む

話だけでも聞きたい!
とりあえず気になる!という方へ

セミナー

会社員SEからフリーランスSEへ
失敗しないための講座
よくご相談いただく、
・フリーランスSEになる上での不安
・フリーランスSEになってからの失敗談、成功体験談
・フリーランスSEとしての働き方
・フリーランスSEは不安定なのか?会社員がいいのか
・なぜ、今フリーランスSEを勧めるのか?
・フリーランスSEを活かした収入アップ・スキルアップを
メインにお話しします。

セミナー詳細

会社員SEからフリーランスSEへ!
Before→After
「フリーランスSEに興味あるけど私はなれるかな?」
「私は年齢的にフリーランスSEは厳しいかな?」
「私のスキルや経験では会社員SEで居続けるのがベストなのではないか」
など、フリーランスSEになった方を集め、
Before & After、そしてFuture(今後)をお話しして頂きます。

セミナー詳細

noteやってます

私が代表を務める株式会社FromToの事業内容、エンジニアコミュニティの運営、相談者のセカンドキャリア、私個人のセカンドキャリアなど深い部分を発信しています。ちなみに音声配信も行ってます。 どのような活動しているのか?エンジニアコミュニティとは?セカンドキャリアは? ブログでは言わない、言えない事を発信します。